オスロ。 オスロ観光ガイド|渡航情報・観光名所・レストラン・ショップ情報【JTB】

オスロ(足柄下郡箱根町二ノ平)|エキテン

オスロ

主な見どころはメインストリートであるカール・ヨハン通りに集中しているので、徒歩での移動も可能。 1948年,オスロフィヨルド沿岸に帯状に立地する地区をもつアーケル市を合併。 Royal Palace from Karl Johans Gate, by , CC この通り沿いには、国会議事堂、国立劇場、オスロー大聖堂など多くの重要かつ歴史的な建物もあります。 1624年の大火で国王クリスティアン4世が同市を西へ移動し、クリスティアニアChristiania(Kristiania)と改名。 ヴィーゲラン公園 ノルウェー南部のマンダールで生まれたヴィーゲランは、ノルウェーを代表する彫刻家として知られ、オスロ市の公共彫刻やノーベル平和賞のメダルのデザインも手掛けてきました。

次の

オスロ観光ガイド|渡航情報・観光名所・レストラン・ショップ情報【JTB】

オスロ

カルル・ヨハン通りには 1811 ,国立劇場,国会議事堂があり,西端には王宮がある。 11世紀~12世紀にかけてヨーロッパ北西部で建てられた木造教会の総称で、ネジや釘を一切使わず、支柱に厚板を垂直にはめ込んで造られています。 5 229. 余計なプラスチックを地球上で増やさないために、ブラシ部分はバイオ素材、歯ブラシの手持ちの部分はリサイクルした食品用容器でできている。 到着したら、入国審査のエリアに向かい、EU圏外の入国者のカウンターでパスポートの提示をします。 国立オペラ&バレエ劇場 通称「オペラハウス」と呼ばれるこの美しい建物は、2008年に完成したオスロの人気の観光スポットです。 クリスチャニアはの法改正で「オスロ」に改称されることが決定し、から施行された。 9 11. 確かにオスロはノルウェーの首都であり美術館、博物館、そして絶景スポットもありますが、やはりオスロだけでは勿体ない。

次の

ノルウェーの首都オスロのおすすめ観光スポット16選!アナ雪のモデルになったお城に行こう

オスロ

停留所は2か所で、最初の「ドロンニンゲン/Dronnningen」からは、ヴァイキング船博物館とノルウェー民族博物館がすぐ。 春と秋は概して肌寒い。 たくさんの観光客が足を止めてポージングしている姿を見かけます。 0 32 10. フィンエアーは成田・名古屋・関西からヘルシンキまで毎日1便、名古屋・関西からの冬期はスケジュールが変わります。 また、北欧旅行でフィンランド、スウェーデン、デンマークの空港経由で来られる方も多いかもしれません。

次の

ノルウェー・オスロで必ず立ち寄りたい観光スポット10選

オスロ

9 39. 14世紀に王宮所在地となった。 (2019年7月時点) 物価が高いことで知られる北欧諸国の中でも、1番と言われるノルウェー。 1050年ごろハロルド3世により建設され,1294年に国の首都となる。 これを受けて、南米のバルサ材を使ったコンティキ号を作り、1947年4月28日に5人の仲間と1羽のオウムと共に出発。 一番小さく、最初に発見されたのが「トゥーネ船」です。

次の

ノルウェー首都オスロ、おすすめ観光スポット

オスロ

絵画のみならず、北欧神話の場面を描いた木彫りのレリーフや、バイキング時代からの伝統的な幾何学模様など、ノルウェーの画家や彫刻家の作品で彩られた明るい空間はまるで美術館のようです。 7 9. オスロまではコペンハーゲンからもヘルシンキからも所要約1. 平和賞以外の授賞式は、スウェーデンのストックホルムで行われています。 国会議事堂の観光情報 ノルウェー語名 :Stortinget 住所 :Karl Johans Gate 22, Oslo アクセス :地下鉄ストールティンゲ Stortinget 駅から徒歩1分 電話番号 : 23 313050 定休日 :ガイドツアー催行日のみ見学可能 営業時間 :ガイドツアー時間催行時間のみ 料金 :無料 公式URL : 6. 6 3. 9 42. 335 97. 第二次世界大戦時の1940~45年にはドイツ軍に占領された。 地球の自然を守るために、私たちには何ができるだろうか?互いを批判するだけではなく、みんなで楽しく考えていこうと、街は動き出した。 オスロ市庁舎前から乗船して、オスロフィヨルドを眺めているとあっという間に到着、こちらも約20分です。

次の

ヴァイキング船博物館 (オスロ)

オスロ

開催時間、集合場所については、公式サイトで確認してください。 つまり、日本からの多くの旅行客はシェンゲン協定加盟国を乗り継ぐことが多いため、入国審査がないことが通常です。 5 17. オスロの中心街は、東駅と小高い丘の上にある王宮とを結ぶカール・ヨハンス通りである。 内外の装飾には、ノルウェーの文化・歴史・労働をモチーフとした1900〜1950年の芸術がふんだんに使われています。 様々なクルーズが用意されています。

次の