スプライト シュピーゲル。 シュピーゲル・シリーズ

「スプライトシュピーゲル」1巻

スプライト シュピーゲル

コードネーム 「紅犬(ロッター)」通称「魔弾の射手(フライシュッツ)の陽炎」 特甲の装備は右手と一体化した各種弾丸を使用可能な巨大な式スナイパーライフルと探査装置。 ・買い逃すことがありません!• に属する要撃の一つであり、三名の化で構成されている。 収録内容 第1話 炎の妖精 MSS(公安高機動隊)所属の3人娘 鳳、乙、雛登場の話 第2話 バタフライ・レディ MSS小隊長 鳳を中心とした話 口癖?は「ご奉仕させて頂きますわよーっ!」 第3話 ドラゴンフライ・ボール MSS小隊 乙を中心とした話 口癖?は「もっとドキドキさせてよーっ」 第4話 ハニー・ボム・ハニー MSS小隊 雛を中心とした話 口癖?は「ボクをいじめないでぇーっ!」 MSS主力メンバーが勢ぞろい 第5話 シティ・オブ・フェアリーテール(前編) シュピーゲルシリーズ共通の敵?プリンチップ社の武器を供給する男?リヒャルト・トラクルが登場、その思惑は・・・ 第6話 シティ・オブ・フェアリーテール(後編) リヒャルト・トラクルにより仕組まれた事件、そして鳳の過去の仲間が・・・ 各話(6話除く)冒頭に鳳による3択クイズから始まるストーリー、=、/、+といった記号を使った文章など、もう一つの物語と感じが違う作品になっています。 「火(ザーフィア)」。 時、の「」にちなんで何かしようとしていた名残である。

次の

スプライトシュピーゲル(冲方丁) : ヤングキングアワーズ

スプライト シュピーゲル

高度な演算と強な権限を持ち、内の電子網を監視し、あらゆる電子機器へ干渉できる。 著者はその世界の中に別の物語を見出し、2つの物語の絡み合いを書くために『ザ・スニーカー』の「オイレンシュピーゲル」と富士見書房の雑誌『ドラゴンマガジン』の「スプライトシュピーゲル」の2誌同時連載が2006年4月に開始した[2]。 がコンート状になるまでを入れる極。 。 特甲は圧倒的な性能を誇りで岩を砕きビルからビルへと跳躍するなど超人的な能力を使用者に与え、また携行の不可能な重火器や兵器の運用を可能にし破損しても再度の転送によって瞬時に元の状態に回復したり痛覚を無効化したりすることができる。 同じであるにはなにかとをかけており、同士ののだった「 中」を託している。 あのぶっ壊れたような文体のパワーだと思うのですが、ホントに凄い。

次の

スプライトシュピーゲル(冲方丁) : ヤングキングアワーズ

スプライト シュピーゲル

オイレンシュピーゲルとスプライトシュピーゲルの初刊行が2007年。 MPBの遊撃小隊 〈 猋 〉がメディア露出が多いことに憧れて自身もメディアに出たがっているが許可されない。 であり、。 外見はお嬢様風のウェーブがかかった紫色の長髪に紫色の瞳。 を弾いている。 ・この商品は電子書籍です。

次の

スプライトシュピーゲルIV テンペスト

スプライト シュピーゲル

彼のさり気無い成長も、このシリーズの秘かな魅力のひとつである。 概要 近の=オポをに、を担う化たちの闘いを描く。 22歳。 『』の三人のを並べるとあるの頭三になる。 隊員の発言を嫌う堅物で、噂では操を守って未だに。 テロリズムが日常であり大手を振るミリオポリスにおいて、アゲハら血塗れの妖精たちは様々な心の葛藤や陰惨な過去を胸に秘め、確かな理想とそれを貫く意志を抱き都市を駆け抜ける。

次の

スプライトシュピーゲル(冲方丁) : ヤングキングアワーズ

スプライト シュピーゲル

他にも色々登場人物がいるが、それはで確認しよう。 筋骨隆々のサイバー戦士。 「()」。 『テスタメントシュピーゲル』は、『オイレンシュピーゲル』・『スプライトシュピーゲル』の合流となるシリーズ完結篇である。 文化委託の対は有形形を問わず、 名()もこれに含まれる。 式を備えたの〈特甲〉による精密射撃を得意とする。 ようやっと終わった、ああ今まで追い続けて来て良かった、ありがとう!うぶちん -- 名無しさん 2017-07-27 05:00:34. 「火(アメテュスト)」。

次の

スプライトシュピーゲル

スプライト シュピーゲル

〈 猋 〉と任務での関わりが多くよく世話を焼いてくれる。 MPBの所有する超高度演算装置のマスターサーバー〈刕(レイ)〉の接続官(コーラス)。 すいませんでしたー!! 通称「対甲()の」。 …続きを読む. 個人的には、P187の挿絵がお気に入りですね。 「(シュツ)」。 中には政府公認の児童買春なんてものもあったりする。 暴虐と戦火の都市で貫くべき正義、シンプルで力強い主題に忽ち魅了された。

次の

小説紹介:冲方丁「オイレンシュピーゲル」なんか世界とか救いてぇ……

スプライト シュピーゲル

国民党とか未来党のあたり。 「 雛(ヒビナ)・・アデナウアー」は酸味しか感じずコーヒーが炭酸になるくらいの酸性を帯びるほどレモン汁を入れる。 コードネーム 〈青火(ザーフィア)〉 特甲の装備は特甲レベル2、つまり 特殊空戦機動型(〈燐晶羽(フェデール)〉と通常の手より異様に長い特甲の両肘から生えた 超高熱の灼刃(ヒート) 常に反抗的な態度で目立ちたがりの不良。 そちらは内心の独白のみで表面にはほとんど出てこない。 として卓越した技を持っており、非合法のとしてその腕を振るっていた時期がある。 『スプライト』に比べ、戦闘シーンや主役3人の過去における残酷な描写が目立つ。

次の

スプライトシュピーゲルを読もうと思っています。しかし他にオレインシ...

スプライト シュピーゲル

「 乙(ツバメ)・アリステル・シュナイダー 」は甘みしか感じず常にを齧っていて何にでも死ぬほど砂糖をかける。 上巻では提案がなされただけで実行に移されていませんが、 下巻では間違いなく行われるでしょう。 テスタメントに関しては冲方さんの文章は視覚優位なんですよね。 あと、文章が=や/など記号を多用した独特な表現で、最初のうちは少し違和感があるかも知れませんが、読み進んでいくうちにすぐ慣れますから大丈夫です。 に熱な慕の情を抱いており、のためならどんな危険な行為もやりかねないの。

次の