シネ ウインド。 6/27(土)19:00トークライブ中継上映決定!

6/27(土)19:00トークライブ中継上映決定!

シネ ウインド

当然、私以上の大きな衝撃は心ある新潟市民にあった。 高校生友情プライス 1000円• 1,200円 (一般学生料金と同額)• 諏訪敦彦監督らによる「SAVE THE CINEMA『ミニシアターを救え!』プロジェクト」、濱口竜介監督・深田晃司監督・MOTION GALLERY大高健志さん等の「ミニシアター・エイド基金」企画。 そして、1985年12月7日「新潟・市民映画館シネ・ウインド」は開館しました。 また、入江悠監督の全国のミニシアターを応援するブログを見ての、県内外からの入会やネットショップでの購入。 非営利な事業をすすめる『新潟・市民映画館鑑賞会』。 除菌、清掃、入場制限。

次の

料金案内

シネ ウインド

一般 大人 1,800円 学生(大学生・専門学生 ) 1,200円 小人(3歳~高校生) 900円 シニア(60歳以上) 1,200円 障害者・療育手帳を提示の方、介助の方(1名) 1,200円 シネ・ウインド会員 会員 大人 1,100円 会員 29歳以下、シニア(60歳以上)、障害者・療育手等をお持ちの方 900円 会員の子ども(3歳以上~中学生) 500円 会員同伴者(2名まで) 一人1,100円• ミュージシャンのPANTAさんや芸人の松元ヒロさん、新聞記者の望月衣塑子さん等と共に現在の日本社会を覆う同調圧力について語ります。 既成プロは信用できないのではなく、映画自体が既に、市民自身、自らの手で引き寄せて見る媒体へ変わってきたからなのだ。 そしてこれからもシネ・ウインドがずっと続くよう、会員継続、入会や上映作品のクチコミ宣伝、運営への参加等、ご支援をお願いします。 シネ・ウインドには大勢の皆様がいます。 料金お支払い 劇場受付でのお支払に、 現金・ 各種クレジットカード・ 新潟市・佐渡市共通商品券、 電子マネー(suicaなどの交通系、nanaco、WAON、QUICPay、楽天Edy、iD)がご利用いただけます。 たくさんの会員有志がボランティアスタッフとして活動しています。

次の

6/27(土)19:00トークライブ中継上映決定!

シネ ウインド

それは問題がちがう。 サービスデー 12月7日、毎月1日 1月のみ2,3日 1100円• シネ・ウインド会員は11枚綴りの「シネ・ウインド鑑賞券( 10,450円税込)」を購入できます。 新潟・市民映画館シネ・ウインド 住所 新潟県新潟市中央区八千代2-1-1 万代シテイ第2駐車場ビル1F 電話番号 025-243-5530(音声案内) 割引情報• 気軽に、ちょっとのぞいてみませんか? 1985年3月、多くの映画ファンに愛された名画座「ライフ」(新潟市古町)が閉館しました。 。 夫婦50割引 2200円• 押しかけトーク隊、LOFT9に現る! 各地の映画館を興奮の渦に巻き込む4人(荒井晴彦、森達也、白石和彌、井上淳一)が渋谷のライブハウスLOFT9に登場。 85年当時TBS系列で放送されていた「月曜ロードショー」の解説でお馴染みだった荻氏は 新潟日報朝刊紙上にて新作映画紹介のコーナーを担当しておられた。 特別企画等割引がご利用いただけない場合がございます。

次の

シネ・ウインドとは

シネ ウインド

市民の反応は早く、たちまち結成された「新潟・市民映画館建設準備会」が「映画館を市民の手で建設、運営する」視点の運動であることがすばらしい。 手も足も出ません。 「一緒に明日 あした を迎えるために」 命懸けで事に当たればなんとかなる。 そこでの「ライフ」閉館に対する一文が齋藤代表に「映画館づくり」を決意させた。 あげくに、休業要請がくるやも…。

次の

新潟・市民映画館シネ・ウインド(新潟市)上映スケジュール・上映時間:映画館

シネ ウインド

見たいならビデオがある、と。 新潟の精神的威信にかかわる出来事であった。 皆様とこの「シネ・ウインド」で、笑顔でお会いしたい。 この3月1日、新潟古町の名作映画館「ライフ」が幕をおろした。 「シネ・ウインド明日のため募金」。 シネ・ウインドはどこからもバックアップのない民間団体であり、入場料収入や年会費で成り立っており、会員制度は大きな支えです。

次の

新潟・市民映画館シネ・ウインド(新潟市)上映スケジュール・上映時間:映画館

シネ ウインド

県都にこれだけの映画館を維持しないで、文化など口にできるのか。 他にも、映画上映の応援をする『宣伝サポート隊』、チラシ配布や折込作業、電話番、劇場内外のメンテナンス、などなど、活躍の場はたくさんあります。 映画館の管理は『有限会社新潟市民映画館』の担当ですが、運営参加はシネ・ウインド会員の特典のひとつ。 「精神0」の想田和弘監督等による、オンラインでの鑑賞で映画館が収入を得られる新たな試み「仮設の映画館」。 残念ながら氏は1988年7月2日に亡くなられた。

次の

新潟・市民映画館 シネ・ウインドで「シネ・ウインド明日のため募金 ~対新型ウイルスプロジェクト~」がスタート

シネ ウインド

3密(密集・密閉・密接)が御法度。 サービスデー 12月7日、毎月1日 1月のみ2,3日 1100円• 高校生友情プライス 1000円• ご支援よろしくお願いいたします。 またまた、厚かましく寄付のお願いです。 今回の事件(新型ウイルス)は、今まで培ってきた経験が、まったく通用しません。 肝心なのは、人が自分の行動を自ら決して立つ、そのことである。 そこで、シネ・ウインドも独自のプロジェクトを立ち上げることにしました。 特別企画等、入場料金が異なる場合があります。

次の