地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン。 「情報セキュリティ *ポリシーと監査* ガイドライン、その1『情報セキュリティ監査ガイドライン』」

GISには、どのようなセキュリティ対策が必要か

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

それでも地方公共団体の取り組みが遅れているのはなぜでしょうか。 このガイドラインに対して、パブリックコメントによる意見募集が行われたのは2017年の7月初旬でしたが、公表は同年10月中旬までずれ込みました。 アドレスバーの鍵マークをクリックした際に組織名が表示されるEV証明書は、多くの自治体で標準的に使われているので、安心と安全を訴求するのであれば EV 証明書は必須だと思います。 皆さまもご存じのとおり、「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画」として、2018年から2022年まで毎年1,805億円の地方財政措置が講じられています。 本ガイドライン制定の背景 学校の教育活動におけるICTの積極的な活用は、今後、ますます求められているところである。 ここには第3回会合までしか載っていませんが、には全部載ってるみたいですね。 ただ、まったく予算がないわけではありません。

次の

トレンド

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

) 国土交通省関東地方整備局• ぜひ首長部局と一体となって、具体的には情報システム部門の力も借りて、情報セキュリティポリシーを作ってください。 このような生ぬるいガイドラインで良いのでしょうか」というご意見もありました。 公開型・参加型GISなどの場合は、専用のWeb GISサーバを利用する,あるいはASPを利用して内部の情報にアクセスさせないようにしている例もある。 また、情報セキュリティポリシーに関するガイドラインでは、情報セキュリティに関する統一的な窓口(CSIRT)の設置が求められています。 文部科学省が、この5か年計画の策定とともに取りまとめた「2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」でも「『教育セキュリティポリシーに関するガイドライン』を踏まえたセキュリティ対策を講じていること」と示されていますので、ぜひ、ご一読いただければと思います。 庁内における利用では,地理空間情報ごとに,庁内で共通に利用する情報、アクセス許可のあった部署のみ参照できる情報とに分け、セキュリティ設定を行っている例がある。 地方公共団体でも早急な取り組みが期待される「情報セキュリティ監査」について、3回連載で考えてみる。

次の

J

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

一方で、情報セキュリティの専門家からは「学校が保有する子どもたちの成長記録は、いわば国家機密です。 つまり、学びが中心であり、それを妨げるようなルールではいけません。 それは「教員及び児童生徒が、安心して学校においてICTを活用できるようにするために不可欠な条件」だからです。 学校の中には先生方以外にも利用者がいることを考慮したセキュリティポリシーでなければ、情報が流出しかねないと痛感したのです。 今回は情報セキュリティ監査ガイドラインについて。

次の

トレンド

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

これもだいぶ古いんですが、後で出てくるJNSAのサンプルを書いた方の記事なので合わせて読むといいと思います。 総務省は5月22日、自治体情報セキュリティ対策の見直しについてとりまとめを行い、公表しました。 セキュリティを維持しつつも、一部従来対策を緩和し、効率や利便性の向上を目指した。 このため総務省としても、地方公共団体における「情報セキュリティ監査」の推進へ積極的な姿勢を見せており、2003年12月に『地方公共団体情報セキュリティ監査ガイドライン』を公表し、外部監査の導入を示唆。 なぜ、いま情報セキュリティ監査が求められているのでしょうか。

次の

NEC、地方公共団体向けのクラウドサービス「NEC 公共IaaS」を提供開始 (2019年9月4日): プレスリリース

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

<参照> 情報セキュリティ監査ガイドライン(平成30年09月版) 第1章 総則 1. 事業概要 情報セキュリティ支援サイトで、情報セキュリティインシデント対応ハンドブック及び内部監査実施マニュアルを提供しています。 (証券市場全体の事業継続計画の整備のための取組みに関する基本的な考え方を掲載。 〇策定の経緯 1.初版 平成13年 3月(2001年03月): 「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」 平成15年12月(2003年12月): 「地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン」 2.第2版 平成18年 9月(2006年09月): ポリシーガイドライン 平成19年 7月(2007年07月): 監査ガイドライン を全部改定。 導入の目的・解決手段 株式会社電算 技術推進本部長 吉川満則様は、EV 証明書による SSL 化の必要性について、次のように話します。 しかし、総務省と同じルールにしなかったのは、文部科学省には学校でICT活用教育を進めていきたいという思いがあるからです。

次の

総務省|「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」等の公表及び意見募集の結果

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

デジタルファーストの住民サービスを展開する地方自治体においても、情報セキュリティはとても大事です。 も発足させました。 地方公共団体における教育情報セキュリティの考え方(見出しを抜粋)• 〇目的 情報セキュリティ対策全般の実効性を確保するとともに、情報セキュリティポリシーの見直しを行うことが重要であるが、そのための有効な手法となるのが「情報セキュリティ監査」 である。 情報セキュリティ対策基準について、詳しく解説した資料をご用意いたしました。 そのためには、情報セキュリティポリシーに基づく実施手順が適切に運用されているか、対策の実効性を点検・評価する「情報セキュリティ監査」が欠かせません。

次の

総務省|「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」等の公表及び意見募集の結果

地方 公共 団体 における 情報 セキュリティ ポリシー に関する ガイドライン

また、インシデントへの対処としてCSIRTの設置や役割について追加している。 平成26年11月 6日に成立し、平成26年11月12日に公布された「サイバーセキュリティ基本法」 等の新たに成立した法令等を踏まえる。 「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」は、各地方公共団体が情報セキュリティポリシーの策定や見直しを行う際の参考になるよう、情報セキュリティポリシーの考え方や内容について解説し、構成や例文を示したもの。 ですから、教育委員会が主体となってルールを作りましょうということにしています。 システム開発、導入、保守等」という項目があり、その中で「 インターネットに公開するウェブサイトにおいては、転送される情報の盗聴及び改ざんの防止のため、全ての情報に対する暗号化及び電子証明書による認証の対策を講じることが望ましい。

次の