インフルエンザ 年間 患者 数 2019。 国立感染症研究所が「東京のインフルエンザ死亡数が激増」と発表、新型コロナとの関連性で物議に|日刊サイゾー

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

(太字強調は、筆者判断) 神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)が、 外来患者の約3%から新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体を確認したことに関連し、同市の久元喜造市長は5日の会見で「抗体検査はさまざまな大学や研究機関などで取り組んでいるが、どのような方法が適切で、どういうふうに治療や予防に役立てていくのか整理できていない。 2019年・・・ 2月25日~3月3日 29384人 3月4日~3月10日 20454人 3月11日~3月17日 14488人 3月18日~3月24日 12320人 3月25日~3月31日 8567人 4月1日~4月7日 7227人 4月8日~4月14日 8282人 4月15日~4月21日 12613人 4月22日~4月28日 10601人 4月29日~5月5日 4703人 年間の定点患者数から全体の患者数を推計します。 コロナは未知の世界ですし、医療崩壊=「本来助かる命が救えない」を恐れてほとんどの国では厳しい規定を設けて対処しています。 >非常事態宣言を出したのに何日もブロードウェイが上演を続けていたニューヨークなんて、イタリア並みの震源地になってしまい、州知事が「人工呼吸器が足りない」といって助けを求めていますよ。 23 ~ R1. IT畑の人なら釈迦に説法かな・・・失礼しました。 平成28年ではタミフルなどの薬を投与された患者が興奮状態に陥り、「窓を開けて外に出る、飛び降りる」などの異常行動が54件報告されているそうです。 インフルエンザの流行のピークが何月になるかで流行年は微妙にずれる場合もある。

次の

インフルエンザ、年間の感染者数1,000万人、死亡者数1,000人前後。日本だけの統計です

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

報告週 休校 学年閉鎖 学級閉鎖 施設数合計 第1報 第36週 R1. それでは、なぜ、こんなに問題になっているのでしょう。 かつて交通事故で1万人くらい亡くなっていましたが、対策されて今では3千人くらいです。 でもこの変も曖昧なんです。 5~58. 中国は行動規制によって「収束」しつつあります(現在感染中の数字は下がり続けています)。 「感染力が低くほとんどの人が自然に治る」という時点で、季節性インフルに くらべて特段脅威と言えるんでしょうか? あなたのようなコロナ絶対脅威論者にとって、毎年のインフルの数十万人の 死者よりその24000人のコロナの死者の方が重大な脅威に映るんですか。

次の

2019年のインフルエンザ死者数は3000人を超えている|Gelate(ジェレイト)|note

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

わざわざ 率先して感染爆発を引き起こすようなことはすべきではないのです。 バカ騒ぎで医療崩壊させる方がよっぽど、コロナ以外の患者の治療に妨げに なり無用な死者を増やすだけです。 4~10. 経済封鎖した国の今後の数値次第では、どれくらいで効果が出るか分かるかもしれませんが。 また、患者の増加ペースが回復のペースを上回れば(今、まさにそうですが)、医療が追い付かなくなり、それは新型コロナ以外の治療にも影響することになります。 私のイメージよりは、ずっと「感染者数」が多かったので驚きました。

次の

【年間死亡者数3,000人超】コロナウイルスより恐ろしいインフルエンザ

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

高齢の方は寝たきりになったりボケが一気に進行します。 具体的にどれくらいの規制をかけることができ、どのような効果があり、どれくらいの期間で、何人の感染者数が予測されるかを推定することは難しいです。 日本のこの政策は、当初の英国の政策に近いのですが、うまくいけば、自然免疫の獲得にはつながるのと、治療薬、ワクチンの開発との同時並行で、爆発を抑えながら数か月で終息を迎える可能性は高いと考えています。 >「感染を止める方法がない」という事実に危機感を持ってください。 初期にCOVID-19をなめていた結果です。

次の

数字でみるインフルエンザ

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

神経質になって過度な自粛をする必要は無いはずです。 58)• 今度の新型インフルエンザはこれまでのところ全身感染を引き起こさない弱毒性のものであり、人類にとって免疫がないため広範囲に広がるおそれが大きいが、致死率は大きくないのでとんでもない死亡者数には必ずしも結びつかないようだ。 発症者の多くは25歳以下でした。 でも「 これまでは運がよかった。 イタリアもスペインも、日本も、あちこち出回る高齢者が物事を深刻にしてしまった張本人だと思います。 この3つが重なると感染の可能性が濃厚。 既に3月末時点でサービス業や飲食店の倒産・無期限営業停止が出てきています。

次の

国立感染症研究所が「東京のインフルエンザ死亡数が激増」と発表、新型コロナとの関連性で物議に|日刊サイゾー

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

ふむふむさん 軽症でも感染力があり動けるので感染症が広まりやすいという特徴があります あと日本でも爆発的に増えてると私は思います ご質問について、インフルエンザとcovidは症状が違うのと治療法の有無が関係してます インフルエンザでも重篤な呼吸器症状が発生したら人工呼吸器やエクモを使用する可能性もあります。 (アメリカ でのインフル感染者は約2200万人ほど) ちなみに季節性インフルは毎年世界全体で数億人の感染者と40万~60万人 くらいの死者が出ています。 マスコミが騒いで不安を増大させることでパニックが起き、医療崩壊を引き起こします。 (東京都感染症情報センターのHPから引用) 国立感染症研究所の発表データー 「国立感染症研究所」が発表する流行状況の指標です。 通りすがりさん、時間がある限りですが、御心配は無用です。 入院も隔離が必要です。

次の

インフルエンザ厚生労働省 発生状況報告 流行2019

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

また、空気感染においては空気が低温で乾燥している状態である程拡散してしまうために感染してしまいます。 同病院は今月2日に抗体検査の結果を発表。 欧米で、増加のペースが減ってきた国はないので、どういう結果が得られるかは「これから」しか分かりませんが、その結果を待つ余裕は、もうありません。 手を消毒が一番良いように思います。 インフルエンザの感染者は毎年千万人単位と言われますが、放っておいた方がどんどん国民に抗体が出来て自然に収まる。 コロナについては判明していない感染者が多少なりとも存在していると言われ、 それを含めれば致死率は確実に(あるいは大幅に)さがります。 新型コロナはまだインフルのように爆発的には増えてませんが、軽症でも感染力が強いため、隔離期間(入院期間)が長くなる(している)。

次の

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

インフルエンザ 年間 患者 数 2019

毒性が強くなったのは、ウイルスの遺伝子がわずかに変異したのが原因とみられています。 SARSやエボラは感染力や致死率が新型コロナよりも高くて、すぐに皆が危機意識を持つことができ、封じ込められたのです。 東京都のコロナ対策サイトなら、こちらに案内がありますし、テレビなどでも報道されているとおり、風邪のような症状や発熱がある人で「4日程度」、高齢者などは「2日程度」続いている場合に、相談せよとなっています。 少なくとも圧倒的死亡率を持つサーズやエボラ、鳥インフルとは同列に並べ られませんね。 年間なら27000~70000人くらいだ。 って事ですが、体が弱っている人が死ぬのは自然の摂理で仕方ない事ですよね? ある程度の予防策は必要ですが、経済を止めてまで防ぐ病気でもないと思いますが。 実際はこれよりも、もっと凄かったです。

次の