バミューダ トライアングル の 日。 バミューダトライアングル

バミューダトライアングル謎の真相!魔の三角地帯って何!?

バミューダ トライアングル の 日

フライト19のメンバーは太陽の位置も確認できない状態にあったということになり、それは通常では考えられないことでした。 また、飛行機が上空を通った場合にもエンジンが不完全燃焼を起こし、墜落することになります。 関連動画 関連商品 関連項目• ところがそれらを食べるはずだった乗員たちは忽然と姿を消していたのである。 バミューダトライアングルでメタンガスが発生する理由 - この海域は世界でも最大級の暖流が流れ込んでおり、メタンハイドレートは多少の水温の変化でメタンガスを放出するので、この暖流によってメタンガスが放出されやすいとも考えられる。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 航空機においても、メタンガスがエンジンに引火して墜落した可能性は高い。 でも、あの真剣なバカバカしさのオカルトって、ニヤニヤしちゃって楽しいんですよねぇ。

次の

ドラゴントライアングル

バミューダ トライアングル の 日

27朝刊 p. 1987年3月14日、マスグサール号(Maasugusar)• 読売新聞1954. また当日 1945年12月5日 午後7時4分にマイアミ管制塔の管制官が「FT……FT……」という内容の遠い、はるかに遠い、かすかな無電を傍受していて、『FT』はこの消息を絶った5機のコールサインであり、しかも傍受されたのは燃料切れになった筈の時刻から2時間も経っていたとする話もあるが、午後7時半~8時位までは飛行出来るだけの燃料を積んでおり、この時点では燃料切れは起こしておらず、通信記録からこれは訓練生のボッシ少尉 コールサイン:FT3 から飛行教官のテイラー中尉 コールサイン:FT28 への呼びかけであることが分かっている [ ]。 Ivan T. 方位磁石が狂うことは特別なイベントなのでしょうか? じつはそうではありません。 一昔前の幽霊船みたいです。 航空機の墜落 - がメタンを吸い込み酸欠によって不完全燃焼を起こし、出力低下から揚力を失い墜落する。 1954年12月6日、第十五千代丸(Chiyo Maru No. 本日12月5日は「バミューダトライアングルの日。

次の

バミューダトライアングル真相解明!海底に眠るクリスタル・ピラミッドの謎

バミューダ トライアングル の 日

の水産指導船()「」が1955年1月4日以降連絡が取れずに行方不明になり 、15日に連絡が取れたのは事実だが 、伸洋丸が所属のになっているなど、もとよりニューヨーク・タイムズの当該記事は正確を期しておらず、「危険区域」というものも、明神礁の15km以内に接近しない様、海上保安庁から1953年に通達があったのみだった。 10時半、緑のなだらかな丘陵地帯に遭遇。 「どこを飛んでいるのかが分からない状態である」というフライト19のメンバーに、別の訓練チームのリーダーがアドバイスを送った記録が残っているのです。 04朝刊)、海岸線(1930. 漁師たちは海に浮いていたその白い袋を早速引き上げてみることにしました。 破壊攻撃説 photo credit: これは一番有力と言われている説で、地下に埋もれているメタンハイドレートと呼ばれている物質が急激な圧力や温度変化により大量のメタンを放出することに起因しています。 なぜ今まで発見できなかったのか?という大きな謎だけが残っています。

次の

バミューダトライアングルの謎!失踪事件の真相が解明

バミューダ トライアングル の 日

1953年6月6日、神成丸 - 新生丸。 1954年9月25日、第二芙蓉丸 - 付近で不明。 。 でも最後はもっと信じられない衝撃的な事件が、 ミッシェル・ガヤンのタイムスリップ photo credit: ある漁船がちょうど漁をしている最中のことでした。 バミューダトライアングルの謎もいつか解明される日が来るかもしれませんね。 朝日新聞1971. 02朝刊)、(1930. 船は1994年に発見され、調査の結果、閉まっていなかったハッチからの浸水によって沈没したと判明した。 1941年11月 — プロテウス号• もちろん科学的な根拠はなく、それらの多くは捏造された噂に過ぎません。

次の

バミューダトライアングルの日の由来と面白い雑学、12月5日の今日は何の日?

バミューダ トライアングル の 日

二日後に両船は合流しますが、船には乗っているはずの部下の姿がなく無人の状態でした。 方位磁石は異常をきたしていましたが、幸運にも無線は使用できたため男性はマイアミの管制塔に自分が飛んでいるであろう位置を報告し救助を依頼しました。 残骸が見つからないというのは紛れもない事実なので、先程の仮説が確実に外れているとは必ずしも言い切れません。 謎めいた領域では、もう何でもありだと言うことなのでしょうか? 多くの仮説 photo credit: これもSF色が強い仮説です。 読売新聞1981. コースをはずれたらしい。 315• 13夕刊• 18夕刊• ブラックホール説 [ ] バミューダ海域には宇宙で見られるようなが密かに存在し異世界と通じていて、それに飲み込まれてしまうと戻れなくなるのだろうという説。

次の

バミューダトライアングルの現在は?語り継がれる魔の三角海域の謎│都市伝説パラダイス

バミューダ トライアングル の 日

笑 皆、カーナビとかで今日が何の日かを知ったって感じですよね。 1987年10月23日、クイーン・ジェーン号 - MV Queen Jane。 この海域では昔から船や飛行機の奇妙な事故が多発していました。 これは急激に成長した積乱雲が海面に向けて爆発的な突風を発生させるマイクロバースト(空気爆弾)と呼ばれる現象が起こっている証拠になるのではないかと考えられました。 これらは政府系企業の本社ビルであり、公費の合法的な無駄使いが多いことで有名であった。 「バミィーダトライアングルの日」は1945 昭和20 年のこの日に大西洋上で米軍機が突然消息を絶ったことが由来です。 と学会『トンデモ本の世界U』p. そのサイズもギザのものよりも大きく、1万2千年前に沈んだと言われているアトランティス大陸を彷彿とさせるものです。

次の

バミューダトライアングルの日(12月5日 記念日)

バミューダ トライアングル の 日

映画では、水爆実験で目覚めた怪獣「ゴジラ」が小笠原近海で船を襲って沈めている。 1951年11月 — サンパウロ号• バミューダトライアングルは、アメリカ東海岸の南端・温暖な観光地として有名なフロリダ半島と、大西洋に浮かぶバミューダ諸島、そしてプエルトリコを結ぶ三角形をなす海域の呼び名です。 このためバミューダトライアングルで起きる事件の「特徴」の一つである、とつぜん船が消えて、残骸も見つからないという結果を支持する説です。 「魔の三角地帯(または三角海域、三角水域)」とも呼ばれている。 科学は大きく進歩し、どんどん謎が解明されていく現代。 宮本訳では、、を結んだ海域に変更されている(『魔海のミステリー』p. 超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされており、消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があると言われています。

次の