Fiio m11 レビュー。 【#レビュー】#FiiO M11 Pro 前作M11から中身が大きく進化!変わってないのは見た目だけ?!

【鳥居一豊の「良作×良品」】どっちを選ぶ? ソニー「ZX500」とFiiO「M11 Pro」。音も機能も魅力満点な2機種で「SW:ep9」

fiio m11 レビュー

そんなわけで、冒頭からカイロ・レンは暗黒面全開だ。 最大の特徴が、3. でも、せっかくなのでバランスで接続してハイレゾを楽しみたいのです。 5時間しか要しません。 上部 LEDが周囲を囲む電源ボタンがあります。 これは上下、左右で発生。

次の

【レビュー】コスパの高さがヤバイ、5万円台で圧巻の音質&高機能。FiiO次世代プレーヤー「M11」

fiio m11 レビュー

Wi-Fiによるシンプルなオーディオストリーミング• 「コストパフォーマンスが高い」を通り越して、こんな価格で大丈夫なのか心配するくらいだ。 ワイヤレスでも充実したスペック 有線での再生に魅力的なM11ですが ワイヤレスも手を抜きません。 ポータブルオーディオもさらに高額な製品が出てきている昨今、FiiOはDAPもポタアンもそうですが、コストパフォーマンスにも優れているのが強みです。 FiiO M9 は 3万円台でハイレゾ音源やSpotifyを楽しめるDAPです!軽量でコンパクト。 全体的な形状は一般的なSHURE掛けタイプなユニバーサルIEMイヤホンといったところですが、装着感は良好。

次の

【レビュー】コスパの高さがヤバイ、5万円台で圧巻の音質&高機能。FiiO次世代プレーヤー「M11」

fiio m11 レビュー

全体的に一回り大きくなっていますね。 そこで、WM-ZX507はハイゲイン出力として聴いた。 これらのアプリは削除が可能です。 これにより、自由にアプリケーションのインストールが可能です。 ストレージ MicroSDカードスロットが2つあり、それぞれ2TBまで、2つ合わせて最大4TBまで対応可能とのこと。 5mm端子。 2017年発売のプレーヤーと、2019年の最新モデルを比べるのは酷な話だが、かつての定番モデルを、より安価なM11が凌駕していくのは感慨深いものがある。

次の

【レビュー】FiiO FH1、1BA+1Dハイブリッド型IEMイヤホン

fiio m11 レビュー

Hiby R5みたいに何でも192kHzにするのではなくて、配信通りに再生できる。 最新情報などは本社のサイトから入手した方が良いでしょう。 そのせいで、プレーヤーを買う気が自体が無くなってしまった……なんて人もいるだろう。 15インチ、アスペクト比は18:9です。 アルミブロックを切削加工したシャーシの採用は従来通り。

次の

【徹底レビュー】2.5mm & 4.4mmバランス端子搭載!DAP #Fiio M11 がメリット満載!

fiio m11 レビュー

つまり、FiiO Musicの起動のみを許可した、音質最優先モードというわけだ。 バッテリーについて バッテリーの持ちについてですが、なかなか良いです。 自宅で、ポータブルプレーヤーで、いつでもあの物語を頭の中に蘇らせることができるからだ。 Wi-FiやBluetoothを使わないときにオフにしておけば、1日に2時間ほど 往復通勤時間 音楽を聴いたとして1週間近く持ちます。 エネルギー感たっぷりという感じの映画音楽として聴き応えのあるものだ。 FiiO LINK FiiO LINKはiOS未対応で、今後、対応する予定らしいので、iOSに対応したら試してみたいと思います。 ログインなど特に問題なく利用できています。

次の

デジタルオーディオプレイヤーFiiO M11を試してみる(AliExpressで購入してみた)

fiio m11 レビュー

PCM384kHz、DSD256に対応し、All to DSDのDSD変換再生にも対応しているとか。 5mm同軸デジタル出力(PO共有) USB接続端子 Two-way TYPE C USB2. 音が出た瞬間に感じるのは「これ、5万円台のプレーヤーの音じゃない」という驚きだ。 M11が対応していないストリーミングや動画をスマホで再生するようなとき、音のもの足りなさを補ってくれる。 LDACやaptX HDといった高音質コーデックにも対応している。 FiiOのDAPのモデル名は、フラグシップモデルX7 Mark2のように、XではじまるXシリーズがハイエンドでしたが、今後はMではじまるMシリーズに統一されるとのこと。

次の

cloud.burnerapp.com:これ1台でいいかも、豊富な機能で音のいいプレーヤーFiiO「M11 Pro」はオススメできる【更新版】 (1/5)

fiio m11 レビュー

これがなかなかマニアックなレベルでこだわった代物で、再生する音源によってテープの種類が変わる。 ケーブル:付属ケーブル(3. 逆にハイエンドプレーヤーの魅力は、物量を投入した事で得られる価格相応のドッシリ感だが、M11は5万円台なのに、横綱みたいな音が出てくる。 なお、M11 ProはBluetoothで受信した音声をオーディオ端子から出力することができます。 64GB内蔵ストレージ&2TB対応マイクロSDカードスロット搭載• このおかげもあり、ストリーミング音楽サービスを聴いた印象としては、NW-ZX507の方が聴き応えのある音だと感じた。 5mmシングルエンドに切り替えると、やや音量が小さくなった感じはあるが音量差自体はごくわずか。 内部ストレージのPicturesのScreenshotsに保存されます。

次の

【FiiO M11】デュアルAK4493EQ、5.15型ワイド、Exynos 7872

fiio m11 レビュー

背面 前述の通り、AndroidベースのOSで、OS標準搭載のサンプリングレートコンバーターを回避するよう最適化されている。 同じシングルエンド出力でも3. まずは、M11 Pro。 しかしながら、スロット1の方は読み出しパフォーマンスが下がるようですので、1枚のみで運用する場合はスロット2に挿入することをおすすめします。 このあたりが、彼の楽曲の魅力と言えるだろう。 深夜でもかなりの大音量で映画を見られるので、むしろ悪化している。

次の