コロナ 世界 グラフ。 世界中で日本だけ「コロナ感染のグラフがおかしい」という不気味 絶対的な死者数は少ないのだが…

新聞各社の新型コロナウイルスのグラフを比較してみた

コロナ 世界 グラフ

現在は、インターネット・サイトを運営しながら、地域調査等に従事。 世界感染死者数が20万人超に(4月26日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間26日早朝、新型コロナウイルスによる世界の死者が20万人を突破した。 折れ線グラフと比べると、指数関数的増減はわかりづらいですが、国間で広がり始めたタイミングやどういった変化量なのかが概観できますね。 すべてのダッシュボードが同じように作られているわけでないし、すべての人が同じダッシュボードにアクセスできるわけでもない(たとえば米国の対イラン制裁により、)。 ペルーとインドが中国を抜き、サウジアラビアも5万人超となった。 ブラジルの感染者100万人超に(6月19日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、日本時間20日午前、ブラジルの新型コロナウイルス感染者数が100万人を突破し、103万2913人となった。 札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門 Department of Medical Genome Sciences, Research Institute for Frontier Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine. 3~4月にかけて感染者が急増したスペイン、イタリア、ドイツで増加ペースがやや緩む一方で、4月中旬以降、ロシアとブラジルで感染爆発が発生し、それぞれ感染者数が30万人まで膨らんだ。

次の

新型コロナウィルスは、世界でどうなっているのか? BBCのグラフをみてみよう

コロナ 世界 グラフ

保健衛生省によると、19日時点で感染死者が3405人となり、中国の死者数を超えて世界最多となった。 New York Timesでも、州ごとの状況を示す、表示方法を真似たものが、のちに登場しました。 一方、ブラジルでは6月に入ってほとんど毎日2~4万人ペースでの増加が続いている。 日を追うごとにダッシュボードは増え続けているので、完全なリストからはほど遠いものだが、新型コロナウイルスが世界に広がり続ける現在、ブックマークすれば役立つはずだ。 米国では1日当たりの新規感染者数が4万人を超え、これまでで最多となった。 知ることで、 感染者数が指数関数的に増加していないかどうか、 NPI(ワクチンがまだ存在しない中、ソーシャル・ディスタンシングを含む、医療品以外の公衆衛生上の対策)などが上手くいっているかどうか、(発症のタイムラグはありますが) 今、自国や自分の地域がどのような状況に置かれているのかを知りたい。 このダッシュボードは、シンガポール保健省のダッシュボードから提供されるデータを取捨選択している(新型コロナウィルスの症例データについては、そのまま使っている)。

次の

新型コロナウィルスは、世界でどうなっているのか? BBCのグラフをみてみよう

コロナ 世界 グラフ

世界の感染者230万人超に : ジョンズ・ホプキンス大集計(4月19日) 米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の集計で、世界の感染者数は日本時間19日夜の時点で234万人を突破、感染死者数は16万人を超えた。 死亡者は4万8954人。 米大リーグが開幕延期とオープン戦の残り試合の中止などを決めたほか、欧州サッカー界ではイングランド、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアの5大リーグが中断。 朝日新聞デジタルが身近な危機をビジュアルで知らせるという意図で作られているのならば、読売新聞オンラインは世界情勢を俯瞰して見ることに重きが置かれている。 7人で高い値を示している。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州では5万2318人の感染が確認されている。

次の

外務省 海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

コロナ 世界 グラフ

また、1月からのシンガポール全土における新型コロナウイルスの症例数が時系列でまとめられている。 ほぼリアルタイムの更新。 63ドルで、売り手がお金を払って原油を引き取ってもらう前代未聞の事態。 世界の感染者900万人を突破(6月23日) 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で、日本時間23日、新型コロナウイルス感染者数が900万人を突破した。 これら地域に対して、大阪、兵庫、京都といった大阪圏の府県は拡大のテンポが一段低くなっていることがわかる。 ただし、北海道については、ゆるやかだったと過去形で言わなければならない。 感染者数トップの米国では3日連続で1日あたりの新規感染者が3万人を超え、第2波が本格化している。

次の

新型コロナ感染者・死者の「増加ペース」世界中で日本だけ落ちず

コロナ 世界 グラフ

それに比べ、日本は2千件もしていない、検査を日本の100倍以上している国とどう考えても感染者数を比較できない。 他国のドラスチックな変化とは明確に異なっているのである。 死者数はイタリア、米国、スペイン、フランス英国の上位5カ国だけで7万5324人に上り、世界全体の73%を占める。 米国は世界全体の感染者の3分の1、感染死者数の4分の1を占めていずれも最多。 感染状況(ヨーロッパ) スペイン イタリア イギリス ドイツ フランス ロシア ベルギー オランダ スイス ポルトガル スウェーデン アイルランド ベラルーシ オーストリア ポーランド ルーマニア ウクライナ デンマーク ノルウェー チェコ ルクセンブルク ハンガリー 感染状況(アジア) トルコ イラン 中国 インド サウジアラビア パキスタン シンガポール イスラエル カタール アラブ首長国連邦 韓国 インドネシア フィリピン マレーシア 感染状況(北アメリカ) アメリカ カナダ メキシコ 感染状況(南アメリカ) ブラジル ペルー エクアドル チリ 感染状況(オセアニア) オーストラリア ニュージーランド. 国別の感染者数は、米国が125万人で突出。 だが、シンガポール保健省のデータを利用したダッシュボードを運営するコーディングのオンライン・コースを提供している「アップコード・アカデミー(UpCode Academy)」のZP・リーCEO(最高経営責任者)は、データに示されている場所は人口密度が非常に高いため「Webサイトに表示されているすべてのデータを使っても、患者を正確に識別することはほぼ不可能です」と述べている。

次の

新型コロナウイルス世界国別発生状況と推移グラフまとめ【随時更新中】

コロナ 世界 グラフ

例えば、ドイツは、感染者数は他の欧米諸国とほとんど同じパターンだが、死亡者数はかなり早い段階で拡大テンポが落ち、他の欧米諸国より良好なパターンを示している。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の公表によると、同州の感染者は23万6732人、死亡者は1万2192人。 死亡者も2万人を超えた。 ペルー、チリ、エクアドルでも感染者はハイペースで増加しており、冬を前にした南米が新たな震源地となっている。 情報をただグラフ化するだけでなく、それをどう読み解けばよいのか文章を添えることで、判断の基準にして欲しいという意図を感じる。 新型コロナウイルスのビジュアル化で特徴的なのは、時系列でデータを扱えるようにしているメディアが多いことだ。 5%と高いことが分かりました。

次の

新型コロナ感染者・死者の「増加ペース」世界中で日本だけ落ちず

コロナ 世界 グラフ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行に関する詳細情報を得ようとWebをチェックしたことがあれば人なら、少なくとも1つか2つのダッシュボードを見かけたことがあるはずだ。 この統計を見て、日本の感染者が少ないと楽観的に考える人が出てくるのがとても不安。 世界で日本だけ「横ばい化」せず、「右肩上がり」の不気味 さらに興味深いのはこうした欧米諸国と東アジア諸国との対照的な推移パターンである。 新聞系ニュースサイトを中心に、様々な視点で情報が出されている今回の新型コロナウイルスのビジュアル化を見ていこう。 まだピークかどうかも分からない状況です。

次の

新型コロナウイルスの感染者数の増減を対数グラフで表す理由(矢崎裕一)

コロナ 世界 グラフ

ここでは、時系列の感染者数の推移を示すことで何を知りたいのか、という観点で、チャート表現を整理しました。 最も最上位に置かれている情報は、国内での陽性数、死亡数。 そうは言っても、このグラフはまた、いくつかの注意点&制限があり、その主な目的は、指数関数的成長からの逸脱を強調することです- つまり、トンネルの終わりの光を増幅することです。 世界の感染者約310万人の3分の1に相当する100万人が米国、その約3割がNY州の感染者ということになる。 感染者が確認された国や場所に的を絞って情報を得ることができ、さらに現在治療中の患者数も確認できる。 急激に増えてきた4カ国 ブラジル、メキシコ、インド、パキスタンの4か国に感染者数が急激に増えています。

次の