ポンティアック gto。 ポンティアック GTO (初代 1964

1966 ポンティアック ルマン コンバーチブル(PONTIAC LEMANS CONV.)

ポンティアック gto

全体的な車重は前年とほぼ同じであった。 AT車は前年と同じくコラムシフトも選択できた。 当時番組内で判事を演じたのは伝説的なショーマンであるであり、それ以前にはこのネタは名コメディアンによって長く演じられた、ローティーンに馴染みの深い言葉でもあった。 7L V8エンジンを搭載するGTOの販売を計画していた。 こうした変更により1970年式に比べてグリルのみが前方に突き出したような外観となり、全長は僅かに増加して516cmとなった。 3インチ 5164 mm 112. しかし、455エンジンだけはこの年度の後半までジャッジでは選択できなかった。

次の

1/25 1965 ポンティアックGTO(2in1)【AMT1191】

ポンティアック gto

4リッターのV型8気筒を搭載。 ボディ形状はベース車両であるル・マンのボディラインナップに従いコンバーチブルは廃止され、ハードトップとスポーツクーペという二つのラインナップとなった。 ラムエアーIVコンバーチブルのジャッジは前年と同じく更に貴重な物であり、3速AT車は前述の13台中僅か6台のみであった。 余談だが、ルマンのスペシャルパッケージオプションとしてフルサイズ用の389キュービックインチV8を搭載したGTOがさらに存在する。 障害物センサー• また、イグニッション・スイッチがダッシュボードからステアリングコラムへ移動された。 そして前年までのポットメタル と製が業界で初めてプラスチック製に取り替えられた。 1975年式のベースとなる予定であった同年式のヴェンチュラ 、ポンティアックは前年に引き続き小型車であるヴェンチュラをベースに、350立方インチ 5. 71年式を基調にしながらも、より彫りの深くなったフロントグリルが特徴である。

次の

1/25 1965 ポンティアックGTO(2in1)【AMT1191】

ポンティアック gto

しかし、低回転域のトルクは69. この年度ではX-ボディも前年までの所謂rear steerモデル 1968-1974 から、front steerモデル 1975-1979 に世代交代。 1950年代半ばまでは「」や「」など、ポンティアック(チーフ)をイメージした「チーフ」の名称がついたモデルやを多用した。 0インチ 2845mm 車両重量 1827-1834kg 関連車種 ポンティアック・ル・マン 前年度から再びル・マンのオプションパッケージとしての地位に戻ったGTOは、にGM-Aボディの全面改定に伴い事実上の3代目モデルへと移行 した。 2009年7月4日閲覧。 ブレーキは、先代に引き続き前後ともドラム式が標準となるほか、オプションで前輪ディスクブレーキが設定されました。 ベンチシート• くわえて、トランスミッションをデフと一体化し後輪軸に置いたトランスアクスルを採用し、独立式リアサスペンションを備えるなど、独自性のある存在であった 63年までの1stモデルのみで、64年以降は通常のFRレイアウトになっている)。 更にはオプションで4速MT、4速、又はフロアシフトのスーパータービン300 型2速が選択でき、348馬力を発揮する トライパワー トリパワーとも。

次の

GTO(三菱)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ポンティアック gto

5L V8 3速AT 4速MT 3速MT 全長 207. 1秒であり、 前年式の455 HO 4速MT仕様よりも全ての計測値が上回っている。 シェーン・ワイザーは、GTOの開発を思いついた最初の人物であった。 オープンはもちろんカスタム仕様のルーフパーツなども用意されています。 新時代のGTOはホールデン・モナーロのGM V-ボディをベースにしていた。 これによって、1973年式にはボディから大きく突出した重量の重いクロームバンパーを前後に装着する事となり、往年のエンデューラバンパーと独特の空力デザインは失われた。 寒冷地仕様• その替わりラジアルタイヤオプションは、ラジアルタイヤに対応したサスペンションの再チューニングが含まれたものとなっていた。 1965年式GTOへの大きな批判は、相変わらずスローなステアリングレシオ(17. こうした改良にも関わらず2005年式の売り上げ台数は11,590台に低下した。

次の

1966 ポンティアック ルマン コンバーチブル(PONTIAC LEMANS CONV.)

ポンティアック gto

6L V8エンジンに移行した。 広告では「 若者よ ジャッジのために立ち上がれ」や、「誰でも買えるジャッジ」というようなスローガン が使われた。 ・2バレル三連装キャブレター、メタルライニングのを装備した、より冷却性能を強化されたなど、あらゆるオプションを装備しても約4,500米ドルで購入できた。 4Lもの大排気量エンジンを搭載する事は、中型車の最大排気量を330立方インチ(5. 90、安価なオプションで4. 1970年式の新しいスタイルは売上高を若干は増加させることに貢献した。 ポンティアックはこのスポイラーは小さいながらもを発生し、より高い速度で若干の機能的な影響を持つと主張した。 これは当時の燃料事情では非常に高濃度のを含んだが必須であるという事でもあった。

次の

ポンティアック GTO (初代 1964

ポンティアック gto

0万円 650. アイドリングストップ• 2009年7月4日閲覧。 1980年代以降は、ミッドシップでボディ外板は全て樹脂製とした「(1983年8月に登場) 」などの意欲的なモデルの投入を進めた他、ゼネラルモーターズの他のブランドと同じくさらにダウンサイジングを進め、他のゼネラルモーターズのブランドと共通の車台を利用したの「」や「」などの拡販が望めるモデルを投入し成功をおさめた。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。 出荷前支払い。 com 2009年5月17日. このころから半ばまでのポンティアック車は、シボレーより車格的に少し格上で、優美さのあるスタイリングに特徴があり、主なユーザー層は家庭の婦人であった。

次の

ポンティアック GTO (初代 1964

ポンティアック gto

また、完成後も取り外し可能なボンネットの下にはV型8気筒エンジンを再現。 未塗装• 次年度のカタログにもこの事が記載されていたが、そこではジャッジ・コンバーチブル・ラムエアーIVは販売台数4台と記載されていたという。 Hot Rod誌は4速MT、スタンダードエンジンのGTOをテスト車両に選択。 ノーマルタイプとカスタムタイプのどちらか選んで組み立てられる2in1キットです。 式はボディラインは前年通りのままであったが、ルーバーに覆われたテールライトが8連式となり、両サイドに4灯ずつが配置される形に変更された。 76秒、最終地点速度95. 1966年モデルイヤーの売上高は、9万6,946台まで増加した。 問題のCMに登場していたGTOはパラジウム・シルバーの塗装で黒色のと黒色の内装、ターボハイドラマチック3速AT、リモートサイドミラー、ラリーIIホイール、、ボンネットマウントタコメーター、そして1970年式の為に新たに用意されたフォーミュラ・ステアリング・ホイールが装備されていた。

次の