ゲー ゲン プレス と は。 リバプール、クロップ監督の戦術「ゲーゲンプレス」の意味とは? 単なるカウンターではない新時代の戦術【ゲーゲンプレスの原点 前編】

【クロップ戦術】ゲーゲンプレスとは〜近代サッカーの3つのモデルとリバプールの可能性〜

ゲー ゲン プレス と は

ゲーゲンプレスの威力 今や世界最強(ハゲ)監督であると言われているジョゼップ・グアルディオラ。 そして、相手が縦パスの出しどころがなく、だらだらと後方でパス回しを始めるようでしたら「 攻撃的2~超攻撃的」にして一気にハイプレスをかけます。 赤チームの選手たちはこの時、ボールホルダーにはプレーできる2つのスペースがあることを認識しておく。 そんな近藤に、 自ら招いたピンチなんだから、自作自演だ!と観客から罵声が飛びます。 UEFAのテクニカルレポートが示唆するものと、一般のフットボールファンが受ける印象とでは、なぜかくも食い違うのだろうか。

次の

実は4つの型がある。これが本当のゲーゲンプレッシング

ゲー ゲン プレス と は

ボールを持つ佐藤に、来い!とパスを要求します。 桜高ディフェンス陣は、壁の枚数を確認します。 コースが甘かった!と反省する速瀬。 近藤の予想外のプレーに驚き、目が点になる大柴。 プレーエリア制圧型 ドルトムントがこれに該当する。 「もし攻撃を防がれたり、相手のペナルティーエリア近くでボールを失った場合、リトリートして陣形を立て直すのではなく、その場からプレッシャーを掛けてボールを奪う」 これを読んでいたら、ふと疑問に思ったのです。 ただ、 独力でチャンスを作るなら、マンマークの如月を剥がさないといけない!と話します。

次の

【クロップ戦術】ゲーゲンプレスとは〜近代サッカーの3つのモデルとリバプールの可能性〜

ゲー ゲン プレス と は

「 ボールを失った直後から6秒間はコンパクトな布陣で囲い込んでボール奪還を目指す。 ところが実際には、カウンターから決まったゴールの割合は、過去10年間で半減しているからだ。 周囲の相手選手はサポートに近寄るが、同時に以下の図の様に各選手がマンマークで相手につく。 まずは縦に速い攻撃で攻める 相手陣内まで攻め込んだら攻守レベルを上げる ボールを奪われたら、囲い込んでのボール狩りをする ボール奪取に成功したら、すぐさまショートカウンターをしかける このようなゲーゲンプレス(っぽい)波状攻撃が再現できるようになりました。 この短時間に限定されたマンオリエンテッドな(選手の位置に応じた)やり方は、対戦相手がパスを出した先にいる受け手となる選手にいつでもアタックできる状況を作り出し、1対1の状況で積極的にボールへ向かっていける状態にしてくれる。 それ以外だと、大柴にポジション取りさせない、もしくは大柴に競り勝つ!ぐらいでしょうか。

次の

「ゲーゲンプレス」とは?意味や使い方を解説!

ゲー ゲン プレス と は

たいていの場合、ボールホルダーに対して組織的にプレスを仕掛けるというよりは、ボールに近い1人ないし2人の選手がボールに向かってプレスを仕掛ける。 ただしゲーゲンプレスに関しては、イングランドのフットボールファンの間でも誤解されている部分がある。 仮にゲーゲンプレッシングを外され突破を許した場合でも、後方に戻れる選手が多く相手が一気にチャンスを作ることが少ないという意味である。 このモデルは70年代のモデルとは異なり、バランスをとりつつプレッシャーをかけるのでゲーゲンプレスを外して大きなピンチを招くリスクを一定に抑えることがでいる。 ただ、それでも操作をしていたときと変わらずに9割以上は勝てましたので 今回のようなチマチマとした操作は必要ないのかもしれません(泣) でも、総合値が上の絶対に負けたくない相手に「 今回の操作を使ったショートカウンターからの1点」を守りきった試合もありましので、もしかしたら、やる意味はあるのかもしれません。

次の

ゲーゲンプレスとハイプレスの違いとは?ゲーゲンプレッシングの対策についても|トゲムーブログ

ゲー ゲン プレス と は

それでは次回の記事でまたお会いしましょう〜!. 一言でいうと「 相手が攻撃する勢いにプレスをかけて、そのプレスの勢いのままカウンター攻撃をする」となります。 リヴァプールでは、引いた相手を攻略するためにポゼッション気味の試合展開をする場面も増えましたが、一番の狙いはドルトムント時代と同じく速い攻守の切り替えからのカウンターのはずです。 上記がゲーゲンプレスの基本モデルである。 考えられる限りすべてのフリーランニングのスペースとパスコースを遮断するか、あるいは意図的に開けたコースへと誘導する。 ですので、なるべく速い段階で相手陣内にボールを運べるように「 攻撃タイプ: カウンター」に設定して縦への展開が増えるようにします。 パスの受け手制圧型 バイエルンがこのカテゴリーに入る。 バルセロナがパスをつないで作るコンパクトな布陣を、 時間をかけずに走力だけで作るイメージです。

次の

DAYS306話ネタバレ!近藤のゲーゲンプレスへの答えとまさかのオウンゴール?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ゲー ゲン プレス と は

それくらい日本との相性がいい戦術だと感じます。 ショートカウンターの王道設定といえる「ディフェンスライン: 高め」「コンパクトネス: 狭い」「 フォアチェック、アグレッシブ」「追い込みエリア: 中央」にしながら「 守備的1」「守備人数: 多い」にすることにより、前線の選手もプレスバックするコンパクトな守備ブロックとなります。 また、アトレチコのハイプレスもゲーゲンプレスの要素は薄いハイプレスです。 そこでフライブルク戦ではチームプレイに徹するメンバーが再び先発に名を連ねることに。 これはこれで良いのですが 「クロップらしさ」が足りません。

次の