バックス 対 シクサーズ。 アレン・アイバーソン

バックスがシクサーズを下して開幕4連勝、アデトクンボがトリプルダブルの大活躍!(バスケットボールキング)

バックス 対 シクサーズ

理由としては今からではレナードも他の選手も中途半端になりかねないからです。 しっかりとバトラーとエンビートの個人技で得点を狙います。 ペイサーズはキャッチ&シュートが基本なので「ボールをもらう=フィニッシュするポジション」でした。 アーヴィン・ジョンソン。 これらのことはいくつかのシクサーズらしさから出てきた問題です。 これまでのラプターズはデローザンがエースという立場にありましたが、彼は個人技もクラッチも胸を張れるほどできる選手ではありません。

次の

シクサーズ vs バックス

バックス 対 シクサーズ

0得点) 1位はマイケル・ジョーダン) 選手としての特徴 [ ] 183cmの身長ながら、216cmのと毎年得点王争いを繰り広げたポイントゲッターであった。 時間ができたら、掲示板に掲載していたファイナル・レポートをまとめてこっちに移します。 シーズンMVP:2001• 国際大会の参加には消極的な選手が多い中、強い参加意欲を示しているアイバーソンだが、今大会以降招集はされていない。 もちろんドライブアタック優先。 チームは42勝40敗で2009-10シーズン以来の勝率5割以上でシーズンを終了した。 しかしながら、同月7日の戦では68-119の歴史的大敗を喫するなど悪い状況は変わらず、から「私なら5分で今の状況を変えられる」と苦言を呈されるなど苦しいチーム状況に変化はなく、2016年4月5日の戦で漸くシーズン10勝目に到達するという体たらくで、社長兼GMのサム・ヒンキーは翌日辞任に追い込まれた。

次の

NBA史上4例目、超絶パフォーマンスを見せたエンビードとアデトクンボのデュエル

バックス 対 シクサーズ

220 10 72. 同シーズンも開幕から連敗が続いたが、11月10日の戦で、開幕からの連敗を7で止めるシーズン初勝利を挙げた。 768 ディビジョン準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 バックス 4, 2 4, バックス 2 1972-73 60 22. 835 4. :1949-1960 C 1950年代 プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回 優勝:1回• ちなみに、1インチ低いカリーのほうがパワー系、7フッターのチャンドラーのほうがフィネス系(パワーで圧倒するのではなく、スキルでプレーするタイプ)と、身長だけで選手のタイプは計れないという見本のような二人。 エンビートが引き出されても関係ないぜシクサーズ。 ロペスよりもウィルソンの方がエンビート抑えるの上手かったね。 もらったら後はエースが何とかする前提です。

次の

バックスがシクサーズを下して開幕4連勝、アデトクンボがトリプルダブルの大活躍!(バスケットボールキング)

バックス 対 シクサーズ

463 1回戦敗退 2, バックス 1 1976-77 30 52. スノーがスタメンの時はディフェンス時はSGにマッチアップしてたのを覚えてます。 シクサーズのホームゲームで行われるこの試合 シクサーズのunder予想とした理由はバックスのディフェンスレーティングの高さ、そしてシクサーズのオフェンスレーティングの低下などが理由です。 :1993-1995• 92 31. あっ1年前のサンダーね。 勝利したバックスでは、ヤニス・アデトクンボが32得点18リバウンド10アシストのトリプルダブルに加えて2スティール3ブロックと大車輪の働き。 :1970-1974 C 50• ラリー・ブラウンの合わせ方も非常に上手い。 キックアウトパスは減り、全体がしっかりとストレッチする中でヤニスに任せすぎない程度にパスを回していきました。 素晴らしいディフェンダーだよ。

次の

シクサーズが東首位のバックス破る、エンビードがアデトクンポ封じる 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

バックス 対 シクサーズ

ブラウンヘッドコーチは、スパーズ時代、ヘッドコーチの下、選手育成コーチ時代に、その後スパーズのビッグ・スリーを担うこととなる2001年入団の、2002年入団のらの育成にも貢献しており、ここでも新人育成の手腕を発揮し、ドラフト11位指名からを新人王へと導いている。 3年ぶりにプレーオフにカムバックした。 点差は17点 レイ・アレンがレジ-・ミラーみたいな貰い方で3Pを決めます。 経済不況やスターターにこだわる姿勢などでなかなか次の契約先が見つからなかったが、、と契約した。 450. 95 31. 2 4. 93m 209 lb 95kg 1. 「僕らのチームは、毎晩ペイント内に君臨しているジョエル・エンビード(シクサーズ)のような選手を望んではいない。 468. :1948-1964 C 50• 3vs2でも簡単ではない。

次の

シクサーズ vs バックス

バックス 対 シクサーズ

35 26. オールNBA1stチームにも選ばれた。 そして結局はインサイドでゴリゴリやりあうつまらない展開になっていきます。 :1971-1977• ダブルチームがなければシュート確率はまず間違いなく50を超えます。 2004-05シーズン途中でがトレードでチームに加わり、もう一人のチームの核となった。 6とし、プレーオフでは平均得点31. 814 3. 774 4. ジョエル・エンビードは31得点11リバウンドを記録。 : 2012-2018• でもまぁそれしてもシモンズとバトラーが重すぎますかね。

次の