Nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震。 NHKスペシャル【体感・首都直下地震】動画の見逃し配信や再放送を紹介

「パラレル東京」再放送してほしいという感想が続出!無料で動画を視聴する方法は?<NHKスペシャル体感首都直下地震>

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

指定した電話番号宛てに、音声で安否確認メッセージを残せるNTTのサービス。 「DAY1」は発災当日の被害の様子。 サービス側としては、お客様を逃したくないので解約の手続きをあえて難しくしているサービスは多いです。 渋谷の群衆雪崩は、スクランブル交差点では起こりにくく、狭い路地から大通りに出た地点で発生が予測されている。 みんなで防災を考えるため1週間にわたって伝える体感首都直下地震ウイークのプロローグ。

次の

NHK番組表・トップページ

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

U-NEXTは業界最大手なだけに、映画やドラマ、アニメなどのコンテンツが豊富です。 「ナイトニュース」でスポーツを担当するサブキャスターだ。 有料のはずが、U-NEXTの31日間のお試し無料登録するだけでNHKスペシャル【体感 首都直下地震ウィーク】のプロローグや、小芝風花さん出演のドキュメンタリードラマ「東京パラレル」も視聴することができるのでこの機会にお試しすることを勧めます。 U-NEXTの「31日間無料トライアル」にお試し登録すると、600円分のポイントがプレゼントされるので、映画やドラマなどの有料作品や電子書籍を購入することができるので是非利用してみてください。 1,925件のビュー• 安心してはいけません。

次の

NHKスペシャル 体感 首都直下地震「DAY1 あなたを襲う震度7の衝撃」その内容は

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

社会は? 経済は? 火災や倒壊といった直接的な被害を免れたとしても、その後も続いていく深刻な二次被害の詳細を見ていきます。 テーブルの下にしゃがみ込む。 直ぐに高いところへ逃げる訓練をして下さい。 テレビは新しい表現形式によって、テキスト・メディアを凌駕しようとしている。 DAY3 命の瀬戸際 新たな危機 「DAY3」は発災から50時間以上たった東京の姿。 南海トラフ、大阪府吹田市に津波来ることありますか。 怖すぎる。

次の

発災直後からの4日間を描くリアルタイム・ドラマ |NHK_PR|NHKオンライン

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

どうやって命を守るのか 「体感 首都直下地震」シリーズが放送される12月2日の週には、災害を生き抜くノウハウを学ぶ番組やニュース企画など、関連番組を編成。 もし決壊すれば、地震洪水という未曽有の複合災害となる恐れがあった。 死者最大約2万3千人、全壊・焼失家屋61万棟、要救助者7万2千人…。 さらに、「ごごナマ」などの番組でも、防災に関連した情報をとりあげていきます。 その方法、分かりやすく映像でお伝えします。

次の

パラレル東京 DAY1〜DAY4, 生きるスキル, 体感首都直下地震ウィーク

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

チリ地震の津波について、 日本とチリの距離が17000キロメートル、津波の波長が720キロメートル 720キロメートル、太平洋の平均水深が4000メートルの場合の、波速と日本に来るのに要した時間を計算方法とともに 教えてください。 U-NEXTから31日間無料トライアル終了のお知らせはありません。 渋谷では、2000人以上が群衆雪崩に巻き込まれて、100人以上が心肺停止状態になっている、という情報が入る。 でもどうやって?キーワードは「500mの判断」(2)近くなら初期なら自分たちで消火。 ヘリコプターからの丸の内の映像を見ながら、実況していた倉石(小芝)が「なんでしょうか。 寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かない。 3の直下地震に襲われた首都圏の姿をVFXを駆使して映像化するドラマ「パラレル東京」。

次の

「パラレル東京」再放送してほしいという感想が続出!無料で動画を視聴する方法は?<NHKスペシャル体感首都直下地震>

nhk スペシャル 体感 首都 直下 地震

引用元: MC:井ノ原快彦、小野文惠アナ ゲスト:テリー伊藤、北斗晶、新川優愛、中林一希(首都大学東京名誉教授) NHKスペシャル【体感 首都直下地震ウィーク】みんなの感想 NHKスペシャル【体感 首都直下地震ウィーク】みんなの感想を集めてみた。 「群衆雪崩だ!」。 司会 井ノ原快彦 、小野文惠 ゲスト テリー伊藤 、北斗晶 、新川優愛 、中林一樹 2019年放送 C NHK DAY2 多発する未知の脅威 命と暮らしを守るために、大地震を自分の事として感じていただくシリーズ2日目。 明日からのドラマ「パラレル東京」もやばそう。 電車が、動かない時は、無理に帰宅しない。

次の