ナイキ ズーム ペガサス 37。 【シューズレビュー】ナイキズームペガサス 37 NIKE AIR ZOOM Pegasus 37│cloud.burnerapp.com

【ナイキ エア ズーム ペガサス 37】「38でもいい程の進化?」シューズアドバイザーが解説

ナイキ ズーム ペガサス 37

シューズアドバイザー藤原岳久さんをお招きして、とうとう37代目となったシューズ、『ナイキ エア ズーム ペガサス 37』ついて聞きました。 ファンが多い故、いつでも足にフィットする安心感を担保することと、テクノロジーを受け入れ進化することのバランスを常に求められてきたこのシューズがアップデート。 36でシューズの重さが気にならなかった方は、大丈夫だと思います。 「ペガサス4000年の味」に改名しても面白いかも知れませんよね 笑 4Eサイズになってますので、幅が広く、包み込むようなフィット感がいたします。 ちなみに「ヴェイパーフライ」を持っているわたしも「ナイキ ズーム フライ 3」でレースに出ているぐらいです。 今回は、ナイキから発売されてます「ペガサス37ランニングシューズ」について書いてみたいと思います! ペガサス37ナイキランニングシューズの詳細(サイズ感・重量) こちらがランニング・ウォーキング用に購入したナイキズームペガサス37になります! 「ペガサス流星拳」を軽やかに繰り出せそうなランニングシューズのデザインですよね! ペガサス37は、とても軽量なランニングシューズになりまして、サイズにもよるのですが、片足の重量が260g前後になっております。

次の

「ナイキ ズーム フライ 3」を履きこなせ!「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」を味方につけろ! Alpen Group Magazine

ナイキ ズーム ペガサス 37

「ペガサス」と聞けば「流星拳」を思い出してしまうのですが、私は「蟹座」なもので、あまり良い印象がございません。 見た目も非常にスタイリッシュです。 履きこなせるランナーも多くなったのではないでしょうか。 しかし今回、ペガサス37のアッパーは、36との違いは外側のみで、アッパーの 内側、インサートからつま先にかけての感触はおおむね同じです。 今回の分解で注目してほしいポイントは、 アッパーの細かい内部構造 ミッドソール前足部分に内蔵されている大型のズーム エア 初の試み「アウトソールの分解」 大きく分けて上記3つのポイントとなっています。

次の

【新作】ナイキエアズームペガサス37と36の違いは何?使いやすいの? | もうデブらない人生は最高!

ナイキ ズーム ペガサス 37

ナイキでは シューレースの単体販売を行っていないので、万が一破損してしまった場合は、上記長さを参考に近しいサイズ、構造の別メーカーの シューレースをABCマートやゼビオなどの活用し、購入しましょう。 ズームペガサスには横幅の広い「エクストラワイド」というサイズが存在する! 次なるターゲットは最近新モデルの37が出たばかりの「ズームペガサス」にしました。 ズームペガサス37を実際に履いた感想 フィット感 最も感じたのが、フィット感が増したということです。 実際に走ってみると、確かに爪先部分のグリップ力が高く、地面から足裏が跳ね返るような感覚になります。 続いては、で個人的に一番気に入ってるパーツ… ミッドフットバンドが配置されている中足部の紹介です。 先ほど紹介した足に当たる部分と ミッドフットバンド、表面のアッパーの3層構造となっている中足部分。 ペガサス37を履くために朝の早起き頑張れそうです! 湊 瑛穂(スポーツオーソリティ商品本部) まとめ~こんな方に履いてほしい!~ 初心者のはじめての一足として、またフルマラソン完走を目指すファンランナーのトレーニング・レース用にもちろんおすすめです。

次の

ナイキ エア ズーム ペガサス 37を分解してみた!

ナイキ ズーム ペガサス 37

ズームフライフライニット• 笑 なぜなら少し重くなり、スピードが出しづらくなったから。 「ヴェイパーフライネクスト%」や「ズームフライ3」をレースやテンポアップで使っているランナーや、ライバルフライもペガサスとセットでの使用がいちばんしっくりくるオススメの使い方です。 ネットで購入しても大丈夫でしょう。 ペガサス37には前足部にズームエアが入っているので、いつもだとブレーキがかかってしまう下り坂も羽の生えたように弾んで走ることができました! また、ヒール部分がせり上がっているので、かかとが軽く、走りの邪魔にならないところがうれしいです。 ナイキ ペガサス37は36とどこが変わった!? それでは、どこが変わったのか? それぞれの箇所について、実際履いてみて感じた筆者の個人的な感想も交えて、比較レビューをしたいと思います。 彼女は30年以上もペガサスをずっと愛用していて(それ以前には、今やクラシックとなったデイブレイク、オデッセイ、アルテアなどで練習していた)特別なレースとなった2008年のボストン マラソンでもペガサスを履いていた。

次の

ナイキ ペガサス 37の重さ、サイズ感、履き心地は?【レビュー】

ナイキ ズーム ペガサス 37

また、部活生などのシリアスランナーのペース走やロングジョグにも安心して使えます。 大迫傑選手や新谷仁美選手なども、このシューズをトレーニングに使用されていますね。 インソールを剥がすと… ストロベル部分が顔を出します。 しかし、ヴェイパーフライと同じくカーボンファイバープレートが内蔵されていることもあって反発性が高いため、数字ほどの重さは感じません。 真剣かつ知識のあるランナーの支持を維持したいのであれば、このような進化が望ましいのです。

次の

ペガサス37ナイキランニングシューズレビュー!サイズ感とおすすめ軽量シューズ!

ナイキ ズーム ペガサス 37

やはり、全体的には、前回より前後2mm厚くなったリアクトミッドソールが全面に出たクッションですが、クッションが2倍になったようなフィーリングの隠し味は、「ズームエア」だったわけですね。 デザイン的には圧倒的にペガサス36が上だと思ってます。 36シリーズはエンジニアードメッシュのみでしたが、37シリーズでは外側にトランスルーセントが採用されたことで、通気性に加え、水や汚れにも強くなっています。 地面とのグリップ力も良く、ショック吸収も抜群で、非常に歩きやすかったです。 耐久性 ズームペガサスシリーズは、いつも1000km近く履き続けていますが、アウトソールの仕様は前回と変更はない上で、ミッドソールが強化されているので、さらなる耐久性が期待されるのではないかと思います。

次の