シュタット ベルケ。 エネルギー地産地消、ドイツは何が違うのか

超スマートエネルギー社会5.0

シュタット ベルケ

日本における「指名委員会等設置会社」に近いものです。 4兆円)に及びます。 ドイツでは日本より約20年早く電力とガス販売が自由化されました。 そして、総合提供による相乗効果が、これを地域に根付かせ、経営を安定化させているのです。 ドイツやオーストリアで、人口20万人以下の小都市が元気な理由は、このエネルギーとモビリティの自治にある。 このような効率的な人員配置は、「緊急時に30分以内にかけつける」という同社の市民サービスに関するコミットメントにも大きく寄与しています。 2018年、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム SIP 「脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム」のプログラム・ディレクター PD に就任。

次の

実践活動報告(その8) ~ドイツ・シュタットベルケ視察報告~(研修レポート)

シュタット ベルケ

結果として、公共事業の民営化、事業を民間に渡してしまうことが、一般的な流れになろうとしています。 そもそもの問題は、急激に進んだ少子高齢化にあります。 自動車産業も他の産業と同じく、川中の製造より、川上の部品・素材や川下のサービスの生み出す付加価値のほうが大きくなることが予想されている。 電力を中心とした地域エネルギー事業を柱にしつつ、水道・下水処理・ごみ処理など他の部門と連携することで(セクターカップリング)で、日本ならではの相乗効果を発揮させることもできるでしょう。 All Rights Reserved. その中で、英国では「テムズ・ウォーター」に代表されるような完全な民営化を実現していること。 著者のコメント 2018年7月3日に「第5次エネルギー基本計画」が閣議決定された。 さらに、会員は組合費以外に熱供給を受ける1戸あたり30万円の工事負担を行った。

次の

MaaSは「地方創生」の切り札 課題大国ニッポンを救う(2ページ目):日経クロストレンド

シュタット ベルケ

次の図 (図 -4 )は新規ビジネスのポテンシャルについて示したグラフですが、最も大きな期待を集めているのは、Mobility領域となっています。 国土交通省が所管するインフラを対象とした推計であり、国、都道府県、市町村、地方道路公社、(独)水資源機構、一部事務組合(海外、下水道、港湾)、港湾局(海岸、港湾)が管理する道路、河川、砂防、海岸、下水道、港湾、空港、航路標識、公園、公営住宅、官庁施設、観測施設が含まれます。 またEVは移動手段に加えて、蓄電池として余剰となった再生可能エネルギーを蓄える需給調整用途(Demand Supply Management)としても注目されています。 広告・ターゲティングクッキー(Targeting cookies):EYと協力して広告キャンペーンを行う第三者により設定されるもので、利用者に関連性のある広告を提供することができます。 今後の事業機会としては、エネルギー大転換の流れの中で、再生可能エネルギーや自律分散型電源の導入、エネルギー効率化に向けた機器やサービスの販売などが有望と考えられています。

次の

人口減対策の切り札はシュタットベルケ|日経BizGate

シュタット ベルケ

Leipziger Stawdtwerke ライプチッヒ市 Leipzig(ライプチッヒ)はドイツ東部ザクセン州の最大都市である。 主な事業として、以下2つの事業が行われている。 福岡県八女市や鹿児島県いちき串木野市、肝付町の地域新電力と電力融通も始めています。 その意味でも、今回の実証試験とは、 目下の課題(電力余剰の発生)に対し、新技術を用いた高度な打ち手の可能性を確認した試みであったと言うことができる。 その妥当性は、今回の基本計画でも「地産地消」という言葉で明確に示されている。

次の

シュタットベルケ

シュタット ベルケ

夜間の緊急呼び出しに備えた職員の待機者についても、職員が多能工化されているため、複数職員を待機者として配置する必要がなく、職員の負担の軽減にもつながっています。 資金の域内循環による独自財源の確保 シュタットベルケが担う事業には、電気・ガス・熱などのエネルギーや上水道のネットワークインフラに加えて、プール、駐車場、地域交通事業などの赤字事業も含まれています。 日本でエネルギーの地産地消を推進する場合、課題も多いが、ドイツの様子からいえば、自治の力が伴う「われわれの発電所」という意識と、それを具体化する構造を地域内で作ることが、成功の大きなカギとなりそうだ。 今回、2012年に設置された水素ステーション(図8)を訪れたが、マインツ市のEnergie Parkと同じく、将来発生が予想される余剰電力を用いて水素を製造し、自動車等の輸送機器に用いることを目指した実証試験であった。 そのため、シュタットベルケでは、発電所やゴミ処理施設、民間工場などで余った排熱で水を加熱し住民に供給しています。 人口が減って、需要が減って、生産が減って、収益が減って、所得が減って、雇用が減って、地域経済が停滞・縮小する。 加えて、日本では水道事業を地方自治体が管理する体制をとっているため、将来的には電気、ガス、そして水道のセット販売も可能になるかもしれません。

次の

シュタットベルケ(STADT WERKE)とは?|地方創生注目ワード

シュタット ベルケ

こうしたビジネスモデルが成り立つのは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)があるからで、利益が出るように低炭素投資促進機構から交付金が買取業者に補てんされているのです。 そこで、ドイツのSWについて、再エネとの関連に注目しながらご紹介します。 とっとり市民電力 (鳥取県鳥取市) 鳥取市と鳥取ガスが共同で設立し、エネルギーの地産地消を進め、地域の経済循環と活性化を図る。 シュタットベルケのSWOT分析 シュタットベルケのビジネスの状況を見てきましたが、それらをSWOT分析としてまとめると次の図になります (図 -5 )。 なぜなら、ドイツのシュタットベルケは、電力・ガスの小売やグリッド事業の収益を柱に、さまざまな公共サービスを安価に提供するビジネスモデルであり、日本の市町村がこれから新たに電力事業に参入することは考えにくいためです。 例えばドイツ北西部の都市オスナブリュックは公営プールの運営をSWに委託することにしました。

次の

日本の自治体新電力が手本とする「シュタットベルケ」の事業モデルとは?|SOLAR JOURNAL

シュタット ベルケ

図10. 今後、ガスが自由化されれば、ガスと電力のセット販売も可能になると思われます。 。 私みたいなエネルギー関係者ではない、一般市民が読むと今回は本当に難しかったですが、読んでいくうちに今後の日本のエネルギーのあり方など、また補助金等を上手に使って地方自治体から地方活性化など、また一般家庭ではエネルギー意識の改革からどのように管理などのキーワードが沢山読み取る事が出来ました。 バーデン・ヴュルテンベルク州にある人口4万人程度のニュルティンゲン市のシュタットベルケ 7 では、電力、ガス、熱供給および水道について料金収受を含めた事務を共同化し、また、施設の状態を一つの集中監視室で原則1人体制で監視しています。 その成功の要因と制度的な背景を学び、地域に合わせた適切なガバナンスモデルを探求し、実践することが求められています。 それで良いのでしょうか? こういった問題は、すべて公共インフラ・公益サービスに関わるものであり、住民生活の基盤になっているものです。

次の

日本の自治体新電力が手本とする「シュタットベルケ」の事業モデルとは?|SOLAR JOURNAL

シュタット ベルケ

インフラ・公共サービスに精通したプロの経営者も不足しており、一般の民間企業の経営者を採用しても公共とのミスマッチが生じる懸念があります。 8割が地産電源。 現在、顧客数は電力25万契約(シェア6~7割)、ガス2万2千契約、地域熱供給5千契約(シェア3割)となっている。 共同研究では、自治体業務の受け皿となる中間法人(エリア・マネジメント法人)が、SPCや信託スキームなどを用いて、インフラ・公共施設の管理や各種公共サービスの提供を行うことを検討している(図表2)。 2018年、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム SIP 「脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム」のプログラム・ディレクター PD に就任。 写真は50周年記念にあわせたイベントの一幕(筆者撮影) もともと同市は先駆的な環境都市のひとつとしても知られているが、気候保護のために、交通やエネルギーなど総合的な政策を打ち出しており、シュタットベルケも一緒に取り組んでいる。 取引所での電源調達やトレーディングには、スキルを有する人材とITが必要ですが、いずれも小さなシュタットベルケではなかなか揃えづらいところです。

次の