アルテオン 評価。 新型 フォルクスワーゲン アルテオン R

なぜアルテオンは売れないのか?不人気モデルのアルテオンの販売方法を評価してみた。

アルテオン 評価

ボンネット自体の高さがアルテオンのほうが低く見えるのは、アクシデント時に歩行者を保護するアクティブボンネットを採用していることと関係があるのかもしれない。 対物賠償責任保険:4• 担当してくれた営業さんとコーヒーを飲みながらゆっくりお話させてもらいましたが私以外にも新規にメルセデスやベンツなどのオーナーの方からアルテオンに関して問い合わせや試乗それなりにあり新しい方がディーラーに足を運んでくれるのはありがたいですと嬉しそうに話されていたのが印象的でした。 強力な2. の設定はソフトで、良い乗り心地です。 レーシングカーみたいですね! ボンネットのプレスラインがきれいだな、と感じたのは、ボンネットの成形から特徴的なものだったからなんですね。 全長4. フォルクスワーゲン アルテオンが売れるためには? あまり格安感を出さずに、うまくコストパフォーマンスのみを強調した宣伝方法やキャッチフレーズを考えれば、アルテオンは売れるクルマになるといえます。

次の

意外? 予想通り? フォルクスワーゲン・アルテオンで250km走って実燃費を計ってみた〈VW ARTEON〉|MotorFan[モーターファン]

アルテオン 評価

VWジャパン営業本部商品企画課の沢村武史プロダクトマネージャーは「アルテオンはスポーティーなデザイン、走行性能、先進機能、快適性を高いレベル融合させたグランドツーリングカーとして投入し、とくにお客様から一番評価を頂いているがデザイン」とする一方で、「やはり既存のRラインのアクの強さがテイストに合わないというお客様も結構いらっしゃる」と明かす。 。 VWは初めてですが、こういう車こそお金を出して買う価値がある車だと断言致します。 典型的なワンデードライブを再現するコースで計測 最初にアルテオンのスペックを簡単におさらいしておこう。 My4シリーズグランクーペとアルテオンを並べてみるとこんな感じです どうでしょう?アルテオンの方が大きく見えますね。 そこには、宣伝方法に問題があり、いいモノを作っても宣伝が下手なら売れないという、典型例が見えました。 このクラスでは、先代といえるパサートCCというモデルがあったが、アルテオンと車名を変えただけでなく、よりアグレッシブなスタイリングが与えられ、しかも日本向けはスポーティグレードの「R-Line」のみで、駆動方式は4WDの4Motionとなっている。

次の

【レビュー】アルテオン エレガンスを見てきました!

アルテオン 評価

なんて小噺は置いておいて、VWブランドの最上級モデルという意味でのフラッグシップは、かつてはパサートCC、そしてフォルクスワーゲンCC、そして現行のアルテオンとつながる。 エンジン 2. VWの四輪駆動メカニズムの4motionを搭載しているので、コーナーでの安定感も抜群です。 車両設定でエンジンをスポーツモードにすればレスポンスは強烈に良くなり、ついでにエンジン音もスポーツにすれば低くワイルドな音となり音量自体も大きくなる(増幅させた音をスピーカーから出しているっぽい)のですが、これは五月蝿いことはなく常識的なな範囲内。 アウディA5スポーツバックはFFのエントリーモデルこそ546万円だが、AWDであるクワトロになると675万円。 最低車検費用を見積もってみましょう。

次の

【レビュー】アルテオン エレガンスを見てきました!

アルテオン 評価

【R-Line 試乗】「ガイシャに乗りたい」欲求とどう向き合うか…諸星陽一 画像 バリューフォーマネーが高く、VWのフラッグシップらしいクルマ…マーケティング担当[インタビュー] フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は、フラッグシップの『アルテオン』を導入し、その台数を順調に伸ばしているという。 JC08モード燃費の達成率は93%となった。 [ ]• アルテオンの見た目は小さいが意外と積める アルテオンはミドルクラスの高級車という位置づけでありながら、荷室容量の良さもアピールしています。 アルテオンが価格に見合う価値があるかは微妙 アルテオンとパサートの価格差と燃費を比べてみましょう。 もちろんその請求額は高く、購入時の費用にさらに プラス30,000円以上を支払わなければなりません。 これは大変ですよね。 インテリアライト、シートヒーター、運転席のマッサージ機能はアルテオンとパサートどちらにも搭載されていています。

次の

意外? 予想通り? フォルクスワーゲン・アルテオンで250km走って実燃費を計ってみた〈VW ARTEON〉|MotorFan[モーターファン]

アルテオン 評価

それでは、どうすればいいのか? やや奇策ながら、このセグメントにおけるフォルクスワーゲンの匿名性を逆手に使ってはどうか? ひと目見ただけではどのブランドかわからないかもしれないが、デザインは美しく、使い勝手はバツグンに優れていて、パフォーマンスにも文句はない。 500万円台でこのスペックでそこそこかっこいい車ってのはなかなかないと思います。 リアのデザインを比較するとパサートのほうがよりセダンっぽさを感じさせるつくりですね。 フラッグシップモデルなのであれば、パワーウインドウのスイッチ類のあたりとかはもう少し高級感があってもいいかなと思いますね。 今回の燃費テストでは同時に動画の撮影も行っていたのだが、「タイトで勾配のきついコース」で事実誤認の台詞(スペックの数値を間違ってしまいました)を喋ってしまったり、極めてペースの遅い軽トラックに引っかかってしまったりと、何度も撮り直す羽目になってしまい、結果的に最も燃費に厳しいセクションの距離が伸びてしまった。 そのため、フォルクスワーゲン(フォルクスワーゲン グループ ジャパン)では、単にパサートCCの後継とは位置づけておらず、新たなフラッグシップモデルとして訴求しているわけだ。

次の

アルテオンの試乗記

アルテオン 評価

ですから新車購入時に支払うべきアルテオンの自賠責保険料は 36,780円です。 アルテオンは、流麗かつダイナミックなファストバックデザインを採用し、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えたグランドツーリングカー。 プリクラッシュブレーキシステム(歩行者と車を検知して自動ブレーキ)• 室内空間に大きな違いは無し!パサートもアルテオンも質感は良い アルテオンの室内空間 室内空間のインテリアやインパネ(運転席まわり)のデザインや質感は、アルテオンもパサートも大きな差はありません。 まとめ KCNさんの納車待ちの時間にレビューしたアルテオンのエレガンスですが、気になる価格はこちら。 0L・ツインカムターボで4輪を駆動。

次の