自然 ネメシス。 UCLローテアディ後グラマス達成AFネメシス

RAGE WUP 機械ネメシス/自然ドラゴン|しおね|note

自然 ネメシス

ですので、このカードに頼るときは「《門》を出さないと負ける」と判断したときだけにしてください。 AFを埋めるカードの選択肢として、「世界の扉・ティル」も候補に挙がりますが、攻撃型ゴーレムや防御型ゴーレムをデッキに入れたくない場合も多いので、このデッキではブライトシューターを選択しています。 7コストのこのカードはあまり強くないので、《ロマントレジャーハンター》で《エアリアルクラフト》を探しているときにはよくディスカードします。 進化時の体力3以下を破壊する効果も強力です。 かと言って、《ベルフォメット》を出そうにも残り山札は10枚。 この構築の最大の長所は、 カードパワーが非常に高い「機構の解放」を、天翔のイカロスから確定サーチできることです。

次の

【シャドバ】ナテラ崩壊のアディショナルカード2枚を独占公開(ドラゴン、ネメシス)【シャドウバース】 [ファミ通App]

自然 ネメシス

森羅咆哮のAFネメシスの新デッキ(確定サーチ型) カード名 コスト 枚数 機構の解放 1 3枚 魔鉄の獅子 2 3枚 キャットガンナー 2 3枚 歯車の廻し手・リヒト 2 3枚 秩序の光・シン 2 3枚 2 3枚 機構二輪の天使 3 1枚 粛清の英雄・メイシア 3 3枚 パペットショック 3 2枚 機械の加速兵 4 3枚 天翔のイカロス 4 3枚 異次元からの侵略 4 2枚 レゾナンスハート・ツヴァイ 5 2枚 7 3枚 マグナジャイアント 7 3枚 <> 天翔のイカロスから機構の解放を、マグナジャイアント(アクセラレート)から機械の加速兵を、それぞれ確定サーチできるように構築したAFネメシスのデッキレシピです。 恐らく環境に存在する全デッキで唯一の特性 機械ネメシスの《マグナジャイアント》は《アウェイキングガイア》に匹敵する程の性能を誇るAOEなので、バフして盤面を固める系デッキ全般に強い ・良くも悪くもTier2以下のデッキなので、対面のプレイ練度が低い デッキの短所 ・コントロールエルフにとても不利 ・《ベルフォメット》のRNG、通称「ベルフォガチャ」の出目次第でいつでも負ける ・AFネメシスとBO3で一緒に使えない 基本方針 - ハッピーセットを揃える まずは、機械ネメシスというデッキが目指すところについて説明します。 その時の手札と場面によってうまく使え腐る事がまずないのですし、自身が機械・自然をもっているのも大きいですね。 しかも対戦相手は5ターン目にデッキに残り2枚の《アーティファクトの同調》を引き込むことに成功しており、貴方は鼻歌ツイッター巡回から一転して死の淵に立たされていた。 1枚でラストワードカウントを進めることができるカードです。

次の

【シャドウバース】ナテラ崩壊アディショナル追加後の機械ネメシスが強い!デッキ紹介や解説も!

自然 ネメシス

メカニカルガンナーがないと、1PPを埋める動きが弱いのと、フォロワーの破壊カウントを稼ぎにくいのも弱点となっています。 3月末に97枚のカードと「リーダースキン付きカード」2枚を追加します。 4融合程度でも1回以上ドローが出る確率はかなり高いので、少なめに融合するという選択肢があることを知っておきましょう。 ではこのでのこそできないが、 1 ので場に出た自身をのやのとしたり、のしたをに再補充しつつ、やのをする機会も増やすこともできる。 相手の体力が少なければ実質詰みの状況に持って行くこともできるので、中盤以降は意識しておきましょう。 唯一光っているカードがあることに気づく。

次の

AFネメシスのマリガン方法に迷っている方へ[シャドバ/シャドウバース/shadowverse]

自然 ネメシス

ただ、この追加された新カードが見事に 従来の機械ネメシスの弱点を克服した超強力カードとなっているので、本当に隙のない超強いデッキとなりました。 たまにある上ふれで、2コロニー3キャトガンメカガン4解放攻撃型防衛型エンティ抑圧くらいかなと思う。 おわりに 有料記事に興味はあるのですが、今回は全編無料といたしました。 一応、進化して6PPを消費すれば疾走を持ちますが、《ララミア》疾走リーサルを決めたことはまだ片手で数えられるぐらいしかありません。 OTKのキーカードである、連打したいを集めていきたいです。 ヴァンプ 無理寄り。 終わり. 勝つためには最低でも進化ペインレスが取れる3種類以上、欲を言うなら5種類欲しい。

次の

UCLローテアディ後グラマス達成AFネメシス

自然 ネメシス

構築によっては入っていないこともありますが、自分は《天界の門》より《エアリアルクラフト》を重要視していることと、手札と盤面の両方をキープする必要性がある対面の多さから、2コスの出し得フォロワーであるこのカードは外せない枠だと考えています。 人形で手札が増える傾向にあるためカイザーで回しやすい、アメスでズルできるフォロワーを盤面に用意できるなど、いろいろあるんですが、関門のかわりに1枚入れてた時代にパペットボックスだけ引いて関門引けなくて負けをやったので… ・イージス 解放リメーシオンが決まるなら確かに強い。 新カードは「」2枚のみで、AFサーチが増えているので、AFをデッキに埋めるカードとして「世界の扉・ティル」を1枚採用しています。 幸い、前ターンの対戦相手のプレイは《マグナジャイアント》+《シオン》、一度使用した《アーティファクトの同調》のチョイスは盤面に出ている《アナライズアーティファクト》であることが確定しており、次のターンに貴方が死ぬことはないだろう。 この記事で機械ネメシスを使い始めた、という人が増えてくれると嬉しいです。

次の

【シャドバ】自然キャルウィッチのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

自然 ネメシス

どうしようもない出目で負けてしまうこともありますが、《ベルフォメット》の融合を最適化することでかなり軽減できます。 ただ他の枠に関しては個人的にはこれで決まりかなと思います。 キャルはカス。 なお、相手の《アブソーブスペル》には注意してください。 各デッキ立ち回りについて エルフ 基本プラン通り。 非機械カードは最強のコンセントレイトが許容、カイザーインサイトは打つとハンドが減る上、機械と書かれてないため3投は耐えない。 雪女の攻撃状態を無効にできる事は覚えておいていいかもしれない。

次の

RAGE WUP 機械ネメシス/自然ドラゴン|しおね|note

自然 ネメシス

オートメーションやで、レディアントアーティファクトをデッキに加えて、アーティファクトコールで手札に加えて、早めのターンから疾走で相手リーダーのライフを削るという流れです。 vs AFネメシス 先手 7:3、後手 3:7 総合 5:5 の5分 特殊マリガン: 《メカゴブリン》または《ドリルヘッジホッグ》単体キープ 後手はそれに加えて《デュアルエンジェル》も単体キープ候補 【要点】 ・先手・後手の差が激しいマッチアップ ・序盤を意識したマリガンで盤面を維持 ・パワー3のAF群を意識して体力4並べが効果的 機械ビショップ同様、序盤から激しい攻勢を仕掛けてくるデッキなので、序盤をパスすると取り戻せなくなる可能性があります。 自由枠は本当に悲惨なので試して好きなカード入れましょう。 この記事ではレートとRAGEで使用した機械ネメシスについて解説します。 ベルフォガチャする際に覚えておくといいことは、 ・ 盤面から溢れたトークン分はリソース損 ・ゲーム中絶対に使わないカードは全て混ぜてよい ・ 0ドローが発生した時に使いそうなカードは残すことを検討する ・ 不利な状況ではご都合な出目を狙ってぶっぱ気味に融合してもよい といったところです。 2 :「ネメシス・アンブレラ」以外の 自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 ちなみにドローしない確率ですが、 ・4融合でドローしない確率は19. そのために、は絶対に採用したいので、人形ネメシスをベースとしたデッキになりました。

次の