ユヴェントス 対 ウディネーゼ。 【JJパジェッレ】セリエA第16節 ユベントス対ウディネーゼ

C・ロナウド2発!2戦未勝利のユヴェントスが下位に沈むウディネーゼに完勝

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

ペナルティーエリア内左でボールを受けたC・ロナウドが、鋭い反転から左足を振り抜く。 その中には2014年1月5日に行われた新年最初のセリエAにあたるローマとの頂上決戦も含まれ(3-0で快勝)、ホーム戦全勝でリーグ3連覇を達成し、公式に30回目の優勝を果たした。 僕はここが大好きだ。 2007• 2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング• 続く84分には、高い位置でボールを奪い返したC・ロナウドがペナルティーエリア手前からボレーを放つも、右のポストを直撃し外れてしまう。 スタジアム完成後初のシーズンを23勝15分の無敗で優勝し、セリエA復帰後初優勝を達成した。 CL、セリエA、コッパイタリアと一時リッピ監督が言っていた通りこれだけの離脱者を抱えながら全ての優勝の可能性をシーズン後半まで残していたのは流石 であるが、同時に流石にただでさえ薄めの選手層で、エースを中心にこれだけけが人を出せば厳しいと言える。

次の

ウディネーゼ・カルチョ vs ユヴェントスFC 今シーズンの対戦成績

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

2010-11シーズン中盤以降の失速により、最終的に前年度と同じ7位となった。 下馬評ではUEFAチャンピオンズリーグへの復帰は難しいだろうと考えられていた2007-08シーズンは予想を覆す勢いで勝利を挙げ3位でシーズンを終え、2008-09シーズンの予備戦3回戦からの復帰が確定。 しかし、2008-09シーズンは無冠が決定し、シーズン途中では解任され、かつてユヴェントスのDFとして活躍したがシーズン終了まで指揮を執ることとなった。 とのは制覇したものの、クラブ史上初の開幕からの2連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった、2015年10月31日のトリノFCとのからのクラブ新記録の15連勝で首位に浮上。 ブッフォン 28 M. - 公式サイト (日本語)• さらに36分には、ディバラからのクサビを受けたイグアインがそのままドリブルで運んで放ったシュートが枠を捉えたが、またもGKムッソのセーブに阻まれた。 それでも38分、イグアインのスルーパスに呼応したC・ロナウドがダイレクトでゴール左隅へと突き刺し、ユヴェントスが追加点を挙げる。 しかし、ユヴェントスも負けられない。

次の

【ハイライト】ウディネーゼ×ユベントス「18/19セリエA第8節」

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

1月、世界最大のである『』が公表したによると、2012-13シーズンのクラブ収入は2億7240万ユーロであり、世界9位、イタリアでは1位である。 ウディネーゼではユーロ2004においてネドヴェドとチームメイトとなるヤンクロフスキーは良いし、ヨルゲンセン、クロロルップも注目である。 ユヴェントスは15日、セリエA第16節でウディネーゼをホームに迎え、3-1の勝利を収めた。 ユヴェントスはきっちりパスをつないで作っていくが、ウディネーゼは長めのパスで 一気にゴール前に来る。 2006-2007• 但し、1対1の体を張った守備が下手くそなのも、式指導の賜物。

次の

ユベントス対ウディネーゼ。ラビオとジャンの起用法は…【欧州メディア予想布陣】

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

鮮やかなパス交換で敵陣中央を破った。 『TuttoJuve』が伝えた。 1941• 36節戦で引き分け、来季のチャンピオンズリーグ出場権が消滅してしまった。 後半終了間際に不運な形で失点を喫したが、ホームでプラスの要素を多く含んだ勝ち点3を手にしている。 2004-2006• C・ロナウドの落としをゴンサロ・イグアインが狙うも、GKファン・ムッソがセービング。 ネドヴェドのFKはそれほど大きくではない が、上に外れた。

次の

【ハイライト】ユベントス×ウディネーゼ「19/20 セリエA 第16節」

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

1951• サンドロ 8 A. 次ページ【ウディネーゼ戦出場選手・監督の採点&寸評】. ヤンクロの本職はおおよそ攻撃的MFだと思われるが、面白いのはラストパス厨ではなく非常に確率の高いパスしか出さない、いつでも首振りをして周囲の状況を確認し、細かくポジションも移動していっぱしのみたいなんだけど、スライディングでボールを奪う場面はないし、攻撃から守備へ切り替わる時も全力で走って戻る場面も皆無だし、アリバイ・ディフェンスしかしないようにも見える。 夏の移籍市場では、クラブのレジェンドとも言えるブッフォンがから電撃復帰した他、、をいずれもフリーで獲得。 活動中止を余儀なくされた。 2014年9月7日, at the. 2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、の衰えやら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはへ放出。 後は得点に結びつけばというところであろう。 www. 特 にユヴェントスファンとしてはトレゼゲの復帰を祝う一撃を見たいところである。

次の

ウディネーゼ・カルチョ vs ユヴェントスFC 今シーズンの対戦成績

ユヴェントス 対 ウディネーゼ

ドゥ マイオ 5 W. 2014-2019• 1980年代後半から1990年代前半にかけて、セリエAではしばらく優勝から遠ざかったが、その間にも等の活躍もあり、欧州では2度の優勝を果たした。 チアリーダーの面々はホームスタジアムでの入場セレモニーやスタンドの応援だけにとどまらず、トリノの街角で選手と同じユニフォームとチームカラーの黒と白の大きいを振りかざしてのゲリラ的パフォーマンスを繰り広げるなどしている。 数分 後にもネドヴェドから左サイドのアッピアに渡り、抜いてセンタリング、抜ければトレゼゲが待つと言うシーンも見られたが、トレゼゲは本当にゴールのチャン スが生まれそうなところに必ずいる。 2001-2004• 我々は選手の特性を尊重しなければいけない」 「インテルが活発? 全てを注いでくるのは普通のことだ。 後任としての監督就任が発表された。 逆にウディネーゼは鋭いカウンターでユヴェントスゴールを狙う。 またユヴェ ントス戦は敵であるし、是非勝ち点3を献上して欲しいウディネーゼであるが、その後は嫌いなチームでなく、頑張って欲しいと言う点からすると、さらに前節 活躍の長身のイアキンタ、ベンチに座るファーヴァ(今まで苦しんできた経緯も有り、是非花咲かせて欲しい選手である)の調子も気になるところである。

次の