ペルソナ 5r 最強。 ペルソナ5スクランブル(P5S)攻略サイト

ペルソナ5スクランブル(P5S)攻略サイト

ペルソナ 5r 最強

呪怨反射は双子の悪魔の審判対策です。 ヴィシュヌ 銃撃最強 のステータス アルカナ 愚者 初期レベル 83 解放条件• アリス 呪怨最強 のステータス アルカナ ペルソナ 初期レベル 83 解放条件• もちろん、ソウルスティールや攻撃スキルで考えれば「ジャアクフロスト」の方が強力だが、繋ぎとしては「キングフロスト」でも十分活躍可能だ。 男女別・モルガナ用・男女兼用防具に分けています。 特殊攻撃も強いですが、更に強いのは特性。 カード複製 渋谷地下通路 喜多川に頼むと複製してくれます。 そして最後に合体させたペルソナを強化したいペルソナに絞首刑させます。 2体のペルソナ合体 最上級の銃撃スキルをもつ 習得スキル構成 メギドラオン 初期 マハガルダイン 初期 アリ・ダンス 初期 真空波 85 チャージ 86 火炎反射 87 疾風ハイブースタ 88 至高の魔弾 90 ヴィシュヌは、銃撃属性の最強スキルをもつペルソナです。

次の

【ペルソナ5R】防具一覧表・性能・入手方法│きまぐれゲームプレイ日記

ペルソナ 5r 最強

サポート及び回復はこのペルソナで。 固有スキル「八艘跳び」は敵全体に8回攻撃でき、ダメージソースとして最高のスキルです。 特性は「異端の魅力」(後述)にし、ブーストに全魔法ダメ25%アップの「魔導の才能」。 DLC最強ペルソナ【伊邪那岐大神・賊神】 基本ステータス アルカナ 世界 初期レベル 89 解放条件•。 アクセサリの場合 アナンタ 星 でホゥアコン アクセサリ を作ります。 種類別• 祝福耐性を習得させるのがおすすめ 「ジャアクフロスト」は、祝福属性のみ弱点。 そこでここでは、最初から強いスキルを持っているペルソナや、耐性的にも悪くないペルソナをご紹介します。

次の

P5/ペルソナ5 最速攻略wiki

ペルソナ 5r 最強

そのため、ペルソナ強化で魔を上げて、通常攻撃・スキル火力どちらも出せるようにするのがおすすめ。 作る途中で「氷結率UP」が取得できるのが便利です。 ペルソナ5ザ・ロイヤル P5R とは ペルソナ5 無印 に新要素を加えた新作 P5R ペルソナ5R はペルソナ5 無印 に様々な新要素が加わった新作ゲームです。 回避が一番高く、物理耐性強化が付いているのも魅力の1つとなっています。 ちなみに1周目 大宅一子 アルカナ悪魔 はRank5でした。

次の

【ペルソナ5スクランブル】最強ペルソナ一覧

ペルソナ 5r 最強

ただ念動はストーリー後半はあまり使う機会がないのが残念。 とはいえ、強さは別として「イメージ重視」でスキルを構成するのがこのゲームの楽しみ。 さらに「1MORE」で連続した攻撃をしかけることも可能だ。 優秀な耐性を持つだけでなく、万能属性のスキル「幾万の真言」で火力も出せます。 呪怨属性が無効もしくは吸収の相手とボス(イベント含む)以外の敵は「死んでくれる?」でワンパン。 コウリュウ(念動属性) 念動属性最強のペルソナ。 隠しボスを撃破することで手に入るアクセサリ(物理&銃撃以外無効になるアレ)を装備すれば、状態異常以外は完全無敵になります。

次の

P5/ペルソナ5 最速攻略wiki

ペルソナ 5r 最強

アルカナ(キャラ)別• 呪怨ペルソナが多すぎてある意味個性がないですが、状態異常付与メインで使うことで、他と差別化できます。 祝福属性のみ弱点となるが、「祝福耐性」を覚えさせることで弱点を完全に無くすことが可能。 特徴はオリジナルスキルの「十文字斬り」。 主人公が育ってくるとオリジナル特性の「即死スキルのSP消費なし」という効果は実用性がなくなるので、特性を「異端の魅力」に変更。 汎用性は劣りますが、銃撃耐性のない相手やクリティカルが効果的な相手には特に、最強ランクの銃撃をかましてくれます。 オルフェウス(DLC) 地味にチートなDLCペルソナがこちら。

次の

ペルソナ5 最強装備 入手方法

ペルソナ 5r 最強

汎用性重視で祝福属性も扱えるように変更しています。 3学期のストーリーが追加 ペルソナ5 無印 では無かった3学期のストーリーが追加されています。 今回、状態異常に耐性がない敵に関しては、状態異常付与アップのスキルをつけるだけで、かなりの確率で成功します。 また専用特性の「はやくしんでよ」は即死効果スキルのSP消費量がなくなるので雑魚戦でSPを使わずに済みます。 なので、自分が好きなペルソナを強化するのが一番ですが、強さにこだわるなら、「耐性」に着目してペルソナを選びます。 ペルソナを作る最初の段階で考える必要があるのですが、結局どんな特性が重要なのか?実用性の面で見れば使えるものは限られてきます。

次の