花火 レギュラー 中 ハズレ。 ハナビ(花火)|設定6をぶん回すとすごい結果に!ハズレ降臨【稼働記録】

ハナビ 設定判別ツール・設定差まとめ|RT中の比率判別にも完全対応

花火 レギュラー 中 ハズレ

中段ドン絵柄停止でドンBIG確定。 小役ハズレでボーナス確定。 。 とはいえ、設定差が一番大きいフラグではあるので、ほぼこの台と心中することが、この時点で決まった。 ここからのハサミベル単独テンパイやズレ目は全て赤7確定の2リール確定目。 ジャグラー全機種共通・REG中に「ハズレ」が出た場合の対処方法 現在ホールにあるジャグラーシリーズは、REGボーナス中は、適当打ちで必ず小役が揃う規定になっています。

次の

花火通(ハナビ2)|解析 設定差 設定判別 小役確率 設定H

花火 レギュラー 中 ハズレ

2000枚までは設定2でも出るハナビです。 バー図柄を目安に枠内にチェリーを狙います。 00、つまり100%となっています。 6 ハマったと言ってもわずかです。 左リール枠上or上段にBARを狙い、右リールを適当打ち。

次の

【ハナビ スロット】花火チャレンジ&ゲーム中のハズレ確率から設定6濃厚!

花火 レギュラー 中 ハズレ

あとはハズレが降臨する事を祈るばかりです。 REGボーナス中に「ハズレ」が出てしまった場合は、おそらく左リールを最初に押していなかったことが原因です。 氷がハズレる事はないと思うので要目押し、中リール赤七を目安に氷狙い。 中リールはフリー打ち この停止型は氷確定、右リールの目押しが正確な場合氷はココからのみ揃います。 リプレイハズシ手順 上部パネルで逆押しナビが発生したら、中&右リールを適当打ち後、左リール枠上or上段にBARを目押し。 注目すべきはビック中のハズレ出現率であり、設定1&2と設定5&6で34倍もの差がある! よって、1度でも現れれば高設定濃厚となるが分母が大きすぎて荒れることもあるため、複数回の出現を確認できればかなり期待がもてる。 恐らく設定6です。

次の

ハナビ 設定判別ツール・設定差まとめ|RT中の比率判別にも完全対応

花火 レギュラー 中 ハズレ

設定5の時はBIG間1200喰らいました。 。 移行リプレイ入賞は順押しするだけでOK。 どの機種も高設定っぽい台は確率があからさまに良い事が多いですがハナビは特にそうですよね。 中段HANABI絵柄が停止してREGを否定すれば7BIG確定。 この停止型なら風鈴orボーナス。 ジャグラーのボーナス中にチェリーが出たんだけど? 先ほども説明しましたが、アイムジャグラー系とハッピージャグラーのBIG中は、通常の小役 チェリー・ピエロ・ベル が成立する可能性があります。

次の

花火でBIG中にハズレを引いた台で終日回し続けた結果…!?

花火 レギュラー 中 ハズレ

3 現在300ゲーム超えが2回400ゲーム超えは未だに0回です。 目次 クリックで見出しへジャンプ• 法則性があるので、覚えておけば重複契機や単独成立をある程度見極められる。 4 ハナビチャレンジにも設定差がありますが、花火チャレンジの次のRT「花火ゲーム」のハズレの方が設定差があるのがポイントです。 『大花火』や『ドンちゃん2』といった歴代の名機のBGMも堪能できるぞ。 右リールのビタが出来ていないと氷もアリ。 最高点と最下点を結んでいくとトレンドラインが出来ます。

次の

HANABI 現状判明している設定差まとめ【更新】

花火 レギュラー 中 ハズレ

また、ジャグラーの打ち方の中で「損をする」つながりの話ですが、ジャグラーの「オカルト」の中に損をしてしまうものがあります。 マイジャグラー・ゴーゴージャグラーのBIG中のハズレ マイジャグラー系とゴーゴージャグラーでは、BIG中の「ハズレ」は出ません。 お店の癖としては前回設定が入っている場所の隣が狙い目のようです。 コイン持ちが驚異の7728. ボーナス察知に一番役立つ法則は中リール中段リプ 氷の小V型、右下段7などが代表的リーチ目。 多分このくらいですね。 また、「氷・ブランク・7」の特殊役Aはビックが確定となるため覚えておこう。 手順1 1枚掛け&逆押しで右リール上・中段にドン絵柄を狙う。

次の

ハナビ通(花火2) スロット新台 スペック 設定H 解析 設定判別 打ち方 評価

花火 レギュラー 中 ハズレ

。 その続きというワケではないが、今度は終日ハナビと対峙する日があったので、その時の模様をお伝えしたいと思います。 ボーナス確率のみ確定で発表されていて、それがマイジャグ3同じです。 長男ビタが正確なら平行氷はココからのみ揃う。 まぁまぁ、面白く感じたのは、高設定だったのかも知れませんが。 このお店は旧イベントの6日に設定を入れてきます。 さすがにBARが揃った時、落胆したのは言うまでもない。

次の