ベル フォ メット ネメシス。 【シャドバ】機械ネメシスの最新ローテーションデッキレシピ【シャドウバース】

【シャドバ】機械ネメシスで24連勝のデッキレシピ!機械ネメシスで「天界の門」は採用するべき?!デッキコードあり!

ベル フォ メット ネメシス

・夢の使者・アメス 進化ターンまで場に残せたフォロワーを実質1コストでバフしながら守護付与と1ドローができることから、純AFでは速攻プランの立役者として絶賛大活躍中ですが、機械持ちではないため、今回は枠の都合上不採用。 天地の侵略者・ベルフォメットの関連記事 運命の神々の新カード情報 ネメシスのローテーションデッキ一覧. まあまあ連勝しているのでそれなりに信頼してほしいです 参考程度に見てもらえると嬉しいです(考えが変わる等のことがあるから) 紹介するリスト• すると《マシンナーズデビル》のリーダー付与効果でボードロックが成立します。 プレイすることで通常ドローより《エアリアルクラフト》を引ける確率が上がるので、 先手ではすべてのマッチでキープします。 デュアルエンジェル ファンファーレの2点が本当に強い。 細かい採用理由とかは後にして、先に骨組みから見ていきましょう。

次の

シャドバ パラダイムネメシス ナテラ崩壊

ベル フォ メット ネメシス

《カイザーインサイト》 ドロー兼フィニッシャー。 対面・場面によって欲しいカードが選ばれるとは限らないというランダム性があるので、なかなかTier1に居座ることは難しいかもしれません。 使えるターンは非常に限られており、基本的に先手は3~4ターン目、後手は3ターン目でしかプレイする機会が与えられないので、《ロマントレジャーハンター》が被ることを嫌い3枚目を後述の《コンセントレイト》へ散らしています。 カード解説 【はじめに】の項にもありますが、使用している構築は以下の通りです。 おわり. しかし、使ってみると融合の仕方・手札や山札の管理など、多彩な選択肢を提示されるので練習が必要なデッキだと分かり、いつの間にかハマってレートで300戦近く使ってしまいました。 特殊マリガンの必要がある対面に関しては、後述の他デッキ相手での立ち回り方のところで別途説明いたします。

次の

機械ネメシス!新ベルフォメットが超強い。【シャドウバース】

ベル フォ メット ネメシス

また、《神》から《グライアス》を引き込むことに成功したら、そのまま押し切れることも少なくありません。 言及したいカードにだけ触れてきます。 《ベルフォメット》から出るトークンが1体減るのも大きなデメリットです。 デッキの長所・短所 デッキの長所 ・機械ヴァンパイアと機械ビショップの両方に有利という稀有な特性がある。 また、束の間の休息で並んだ守護から守護能力を剥がしブリッツAFなどの盤面のフォロワーを顔に通せたりもできるので終盤でも便利です。 天界ベルフォメットデッキが生まれる? 融合により強制的に手札を1枚にできるため、によりベルフォメットを確定でコスト-3でき、6ターン目にプレイできる。 対ロイヤル ペインレスや潜伏が取れないので何がなんでもモデストを着地させる。

次の

【シャドバ】天地の侵略者・ベルフォメットの評価と採用デッキ【シャドウバース】

ベル フォ メット ネメシス

やでベルフォメット本体を守ることができることにはもちろん、融合で失った手札をドローによって再び補充できる点にも注目だ。 アディショナルカードが追加され盤石に 今回のアディショナルカードとして追加された2枚のカードによって天地の侵略者・ベルフォメットや鋼鉄と大地の神につなげるまでの中盤の動きが最強クラスになり唯一の弱点であったところが改善され本当に強くなりました。 それは突進と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。 便利なんだけど神に混ぜれないとナテラの処分に困るので無理しなくてもいいかも。 シューティングタートルを有効活用 5ターン目付近(特に先攻)では、の能力で手札のキーカードを呼び出したい。 フロートボードマーセナリー 優秀なサーチカード。

次の

【シャドバ】アイアロンの支配者・ベルフォメットの評価と採用デッキ【シャドウバース】

ベル フォ メット ネメシス

《鉄甲のカブトムシ》のようなカードと比較すると悲しくなりますが、一応序盤から盤面処理ができるので《マシンエンジェル》《機械神》よりはだいぶ強いカードです。 グラマス0からグラマス1までの ランクマ勝率は72%でした。 【進化後】 進化前と同じ能力。 しかし、ヴァイディの「先端の左角、抉るように突け」というアドバイスがムニャールによって広められたことで状況は改善、無力化される触手が増えていった。 ただし、相手も《ブラッド・コア》なりで耐久してくることもあり、先手でもロングゲームが要求されることは多いです。 ネメシスの選択肢の一つとして皆様のデッキ構築の参考になれば幸いです。

次の

【シャドバ】アイアロンの支配者・ベルフォメットの評価と採用デッキ【シャドウバース】

ベル フォ メット ネメシス

大樹に付与されてる分を省くと4面分なので、合計8点分の顔バーンをたった2コストで0点にできる計算ですね。 理由として、機械ネクロや自然ネクロ、機械ネメが現在進行形で急増していることが挙げられます。 しかし、このカードが強い状況は比較的限られているうえ、終盤にはあまり活躍できずベルフォメットの素材にもできないため、このデッキに限らず純AFでも採用枚数は常に疑い続けた方がいいカードでもあります。 相手のリーサルはあり得るか このあたりだと思います。 注意点として、機械鞭やエイラの祈祷による早期盤面形成からのアグロプランがこちらにとっては危険ですので、機械鞭とエイラの祈祷は盤面に残さないように注意しましょう。 と同様に、である。

次の

運命への反逆

ベル フォ メット ネメシス

《マグナジャイアント》はデッキにまだ1枚残っているので、《ロマントレジャーハンター》から引くことにワンチャン賭けるしかないか…? さて、一見ピンチにも見えるこの状況ですが、実は ほぼ勝ってます。 ネメシスは初めて触ったのですが、AFネメシスというよりはスペブウィッチのような使用感でした。 ベルフォガチャの出目が良ければ疾走でさっさと削り切れるので、何も考えることはないでしょう。 このことにイラついたベルフォメットは触手の耐久性や継戦能力を犠牲にし火力に特化、思考ルーチンを付与した触手を作成。 強力なカードですが、進化権を消費しないと手札が減ってしまうので、手札1枚の重みとよく比較してからプレイするようにしましょう。

次の

機械ネメシス!新ベルフォメットが超強い。【シャドウバース】

ベル フォ メット ネメシス

4融合程度でも1回以上ドローが出る確率はかなり高いので、少なめに融合するという選択肢があることを知っておきましょう。 そのため、 機械ヴァンパイアや機械ビショップ対面ではこのカードのアクセラレートを切るのは絶対にダメだとは言いませんが、本当によく考えてから切ってください。 このときは相手のヴァンパイアもしっかり回っていましたが、7ターン目にこの動き・・・最強です。 でも、これだけのパワーカードが出ると、それを最大限に活かせる構築が出て環境を大きく動かすという可能性も十分に秘めているでしょう。 アーマードアルマジロ ラストワードで2枚の機械カードを手札に加えられるキーカード。 こんなんどのデッキでも出してる暇は無いので融合素材以外の価値はない。 カードパワーが低いカードが大半を占めているのです。

次の