Win10 スタートアップ 追加。 【Windows 10】スタートアップ フォルダの場所と登録の方法

Windows 10 スタートアップの場所と登録や削除する

win10 スタートアップ 追加

1 Basketballspirits Windows起動時に特定のソフトを自動で起動するには、昔からスタートアップフォルダにショートカットを放り込むと決まっています。 ページ内 リンク• 30: 初出 Windows10を起動した時、自動的に好きなアプリ 例えばブラウザやメールソフト を起動したい・・・・と思った場合、「スタートアップ フォルダ」にアプリのショートカットを登録する必要があります。 アカウントを追加するには、まず管理者ユーザーとしてWindows 10にサインインし、[設定]アプリを起動して[アカウント]グループを開く。 タスクマネージャーでスタートアップの確認と無効化 スタートアップの登録を行いWindowsを再起動すると、登録したアプリが自動で起動していることを「タスクマネージャー」を使って確認できます。 「無効」から「有効」に戻す場合は、自動起動したいアプリをクリックして「有効にする」をクリックします。 スタートアップに登録したアプリを管理する ここまでの操作で[スタートアップ]フォルダーを表示しましたが、Windows 10の起動時に自動起動するすべてのアプリが、このフォルダー内にあるわけではありません。

次の

Windows10でスタートアップにカンタン設定する方法

win10 スタートアップ 追加

ローカルディスク C:• 「設定」画面が表示されます。 パスワードを1文字以上入力した場合は、「セキュリティの質問」(ペットの名前や生まれた場所などの質問)を3つ選択し、それらに対する回答も入力する必要がある(セキュリティの質問は必須)。 画面左下にあるWindows10のスタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 これでスタートアップフォルダを開く準備ができました。 バッチファイルの中にアプリを起動するコマンドを記述しておけば、Windows10起動時にアプリが自動実行されますね。

次の

Windows10でスタートアップにカンタン設定する方法

win10 スタートアップ 追加

[パーソナル設定]をクリックします。 これは習慣付けたほうが良い小技ですね。 1つの動作だけを見れば、数秒〜数十秒の小さな差ですが、積み上がれば大きな時間になりますし、何より小さなストレスもなくなります。 ユーザーごとに設定をする必要があり、削除を含めた合計3つに分けて案内していきます。 他のアプリケーションをスタートアップに追加し登録する場合は、ここまでの工程を繰り返します。

次の

Windows10でスタートアップを設定する方法

win10 スタートアップ 追加

フォルダ形式のスタートアップ フォルダ形式のスタートアップの場所 フォルダ形式のスタートアップの場所は、全ユーザー共通とユーザー固有の二つで管理されています。 「すべてのアプリ」 の一覧(Applications)が表示されるので 「Microsoft Edge」 を探し、デスクトップにドラッグアンドドロップする。 「 shell:common startup」と入力して「OK」ボタンをおします。 1つ目の方法は、 Windowsキー+ Rキーで表示される 「ファイル名を指定して実行」ウインドウの入力ボックスに「shell:Common Startup」を入力して Enterキーを押します。 これらを利用し、自分のアクセスしやすい場所にスタートアップ フォルダを登録しておきます。 UAC設定の変更• 設定方法は以下の通りです。

次の

Windows10 起動時にアプリを自動起動

win10 スタートアップ 追加

GUIブートなし• 別の方法。 必要のないアプリの自動起動をオフにすることも可能です。 Windows10のスタートアップフォルダは、以下の場所になります。 このように、登録されているソフトウェアに関してはスタートアップの有効・無効を簡単に設定することが可能です。 。 例えば、Google ChromeなどのWebブラウザーは、まず間違いなく使うアプリだと思います。

次の

Windows 10 スタートアップの場所と登録や削除する

win10 スタートアップ 追加

初期設定では「shell:startup」と入力すると、「スタートアップ」のフォルダーが開き中身を閲覧することが出来ますが、上記のように一つ一つフォルダーを辿っていく場合、通常は「隠しファイル」となっており「スタートアップ」のフォルダーは開けないようになっております。 これならば、Windows 7の時のような、任意の名前(文字列)を付けたユーザー名を作成できる。 AppData• 設定は以上です。 155• キーボードから を押すと、ファイル名を指定して実行が表示されます。 スタート画面内の場所はドラッグ&ドロップでカスタムできます。 必要なら手動での許可操作が必要)。

次の

Windows10でスタートアップへのショートカットの登録方法

win10 スタートアップ 追加

・ショートカットアイコンが削除されたことを確認します。 [スタート]メニューに最近追加したアプリのグループが表示されていることを確認してください。 3.については、ご存知でしたら読み飛ばしてください。 スタートアップ「アカウント別」にアプリを登録 前項で紹介した方法は、Windowsに登録されているすべてのアカウントに適用されてしまいます。 その場合は、隠しファイルを表示する必要があります。

次の