ジョコビッチ フェデラー。 BIG4 (テニス)

ジョコビッチ、フェデラー、ナダルが下位選手救済の基金について協議

ジョコビッチ フェデラー

全仏オープン後、ウィンブルドンまでの間は少し休暇を取りました」「私は大のサッカーファンで、RCDマヨルカが第1リーグに返り咲いてくれたのがすごく嬉しいんです。 - 自己最高世界ランキング3位、2019年引退• 生涯獲得賞金額トップ4独占 4人中3人 [ ] フェデラー・ナダル・ジョコビッチ [ ]• 何とか全てのグランドスラムで優勝する事も出来たけど、それは最初の基準にすぎないと考えている。 モハメド・アリやマイケル・ジョーダンやペレの領域にある」(2017年) 松岡修造のコメント 「 テニスプレイヤーとして言わせていただきたい。 、では怪我から復帰したフェデラーとナダルが決勝まで進出し、フェデラーが3-2で勝利。 でもジョコビッチが勝ち上がり、決勝でを下し、グランドスラム通算14回目となる優勝を飾った。

次の

フェデラーとジョコビッチどっちが強いか?|過去の対戦から検証

ジョコビッチ フェデラー

、 、 、 80年代中頃から90年代頃。 これからも、もっとグランドスラムでも優勝出来るだろう。 でもレアル・マドリードの大ファンであることには変わりません。 2018年 全仏決勝 - ナダル• 2000-2001 計9週• - 2009年全米• (1988年)• 」-グスタポ・クエルテン(全仏3勝をあげたブラジル人プレイヤー) 【ナダル 関連記事】 ナダル支持派の人にオススメの記事です。 そしてジョコビッチが32歳、ナダルが33歳、フェデラーが37歳と通常ならキャリアの後半に差し掛かっていると思われる年齢ながら、現在の世界ランキングでも彼らがトップ3に位置している。

次の

ジョコビッチ、ナダル、フェデラーが長く活躍できる大きな3つの理由

ジョコビッチ フェデラー

グランドスラム18大会連続決勝進出 2010年全豪から2014年全仏まで。 では準決勝で怪我から復帰してきたジョコビッチが2日間に亘るナダルとの大激闘を6-4, 3-6, 7-6, 3-6, 10-8で制して決勝進出。 2003年 ウィンブルドン決勝 - フェデラー フェデラーのグランドスラム初優勝• ジョコビッチ選手の嫁エレナさんの詳しい経歴やお二人の馴れ初めにはついてはこちらの記事でまとめています。 (2008年)• (1976年)• ピート・サンプラスのコメント 「私にとっては、とても明白な事だが、ロジャーが史上最強の選手。 - フェデラーに未勝利• (2011-13年)• グランドスラム過去58大会中57回決勝進出 2019年全米オープンまで• (1985年)• 1995-2003 計101週• - 自己最高世界ランキング5位• ナダルはテニスが自分の人生の全てではないとした上で、「私を幸せにしてくれるものは様々です。

次の

フェデラーvsジョコビッチの対戦成績2020

ジョコビッチ フェデラー

デビスカップ [ ] 大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 デビスカップ QF F 1R F QF F 1R F SF F W N 1R FN 1R FN PO DFM W N W N W D W N 1R F F D W F W M SF M SF D SF N 生涯賞金額ランキング [ ] 選手 1. (2017・18年)• グランドスラム優勝38回、プロスラム優勝23回• - 2017年• 」-A・アガシ トニー・ナダルのコメント 「彼(フェデラー)こそがふさわしい。 しかし、ラファ(ナダル)はまだ絶頂期にいる。 1974 計8週• (1975年)• 四大大会すべてを制し、全豪以外は複数回優勝している。 2017年現在までに、全員が世界ランク1位を経験しており、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの3人は四大大会及びマスターズ1000で、それぞれが歴代3傑に入る優勝回数を誇る。 サーフェスの連続勝利記録を保持。 - ジョコビッチに未勝利 1大会でBIG4内3人に勝利した選手• (2015年)• (1982年・83年)• グランドスラムでBIG4内3人に勝利経験のある選手• それぞれがマスターズ1000の9大会すべてに決勝進出経験 ナダル・ジョコビッチ・マリー [ ]• はフェデラー、はナダルが優勝を果たし、2017年は全豪・ウィンブルドンをフェデラー、全仏・全米をナダルが制し復帰した二人が四大大会を分け合うこととなった。

次の

フェデラーvsジョコビッチの対戦成績2020

ジョコビッチ フェデラー

ツアーファイナル5回以上優勝• (2019年) ・ ・• 私の足は、2005年に初めて全仏オープンで優勝した時とはもう違います。 (2013年)• このことからも単なる契約期限切れの可能性が高そうですかね。 ナダルは、2010年に4大大会3冠を達成したが、全豪オープン準々決勝で「マリー」相手に怪我で途中棄権し、年間グランドスラムを逃している。 4人全員が全てのグランドスラムの決勝に進出• (2011年)• しかし、ラファはまだ絶頂期にいる。 (1979年-81年)• ジョコビッチ選手が恵まれない子供たちのために立ち上げたチャリティー財団のCEOも彼女が務め、さらに二人のお子さんステファン君が生まれ正に幸せな家族のモデルロール状態でした。 2009年 全仏決勝 - フェデラー• それぞれがグランドスラム決勝で勝利 全豪2018フェデラーbtチリッチ、全仏2018ナダルbtティエム、WB2018ジョコビッチbtアンダーソン+全米2018ジョコビッチbtデル・ポトロ• (2006年~2010年) ジョコビッチがグランドスラム3冠を達成するなど圧倒的な強さを見せ、世代交代を印象づけた2011年以降は、ジョコビッチが17勝9敗と大きく勝ち越しています。

次の

ジョコビッチ、愛する妻は「最も完成された女性」

ジョコビッチ フェデラー

1974-1983 計268週• 表の各戦績は「 フェデラー勝利数 — ジョコビッチ勝利数」となっています。 ジョコビッチは2014年7月にエレナさんと結婚。 男子と女子のプロサーキットは新型コロナウイルス感染症の世界的大流行のため1ヵ月以上休止しており、少なくとも7月半ばまでこの状況が続くことになる。 (1987年)• 2014年 全米決勝 - チリッチ チリッチのグランドスラム初優勝 BIG4全員に勝利経験がある選手• 1996 計6週• 「フェデラー vs ジョコビッチ」対戦成績 2006年の初対戦から現在まで50回の対戦があり、 フェデラー23勝、 ジョコビッチ27勝。 1993-2000 計286週• マスターズ1000で同一大会ストレート勝ちかつ全てサービスキープして優勝• ではとの決勝となり39大会ぶりにBIG4が決勝進出を果たせなかった。 2000-2001 計43週• フェデラーのレベルに手が届く位置に来ていると思う。

次の