サクラ トゥ ジュール。 サクラトゥジュールの血統表

サクラトゥジュールの血統表

サクラ トゥ ジュール

7 - 35. 軸馬3番サミットプッシュは向正面に入って徐々に前との差を詰め、一団となった馬郡の最後尾に取り付き、内々をロスなく押し上げ長い直線に入る。 アスコットがこうなれば、もはや怖いものなし。 チャンピオンコース・東京2400mに絶対の自信を持つアスコットシステムズにお任せいただきたい。 8 S 33. 今回もまず勝ち負け濃厚だろう』という見立て。 000 その他重賞 0 0 0 0 0. 1 6 6 10 中山 6 芝1800m 曇 良 56 1. 今週斬るのは 日曜京都11R「栗東ステークス」ダ1400m。 3着15番アカノニジュウイチ、4着4番クリスティの順で入線。 4 0. 「桜花賞」で言えば7着のフィオリキアリまでが1秒差以内。

次の

サクラトゥジュール

サクラ トゥ ジュール

信じていいのは、日々刻々と変わる状況の隅々にまで目を配る弊社のみ。 勝負どころで動くに動けず仕掛けが遅れて脚を余したがそれでも3着に力走できたのは地力があればこそ。 4 06-05-02 35. 0 35. 6 488 -4 1:31. 3 - 34. しかし、そんなムードに流されていけない。 1勝クラスへの昇級後、ズブさが出てきたことで長距離を中心に使われてきた同馬だが、未勝利勝ちが1700mだし、本質的には中距離がベストのタイプ。 軸馬が大きく出遅れたことで万事休すと思われたレースだったが、相手に恵まれたこともあってか、なんとか軸馬が3着を死守。 1 33. 000 GII 0 0 0 0 0. 000 特別 0 0 0 0 0. 前週の好配当的中の連打から少々勢いが落ちた形ではあるが、東京・京都開催も今週から後半戦に突入。

次の

サクラトゥジュールの血統表

サクラ トゥ ジュール

結果論ではなく、開催最終週を迎えるにあたり、気を引き締める意味でも今回は敢えて予想部に苦言を呈しておく。 そのことはこれまでの歴史が物語る通り。 続く 土曜東京12Rで「馬連2-14、 410円」を一点目の大本線で。 これまでかなり強力なメンバー相手に差のない競馬を演じてきただけに、馬具効果で行きっぷりが戻ってきた今回は絶好の狙い目とみた』という見立て。 4番ダイメイフジが2番手に控え、内から出ムチを入れて6番レピアーウィットが3番手。

次の

サクラトゥジュール

サクラ トゥ ジュール

3着15番ファッショニスタの順で入線。 8 0. 0 1 3 476 4 1. 3 0. 000. もっと見る• しかも牡馬相手のなか、馬群をスルスル捌いてほぼ追うところなく、軽く仕掛ける程度で快勝。 まずは、勝負の今週末にアツイご期待を。 今年もチャンス十分の馬が回ってきただけに、本人も勝ちを意識した騎乗となりそうだ。 8 - 35. 他にも 土曜東京9R「馬連 320円」の大本線での的中など、勝負鞍において手堅く的中をお届けしたものの、日曜は精彩を欠く結果で的中をお届けできず、先週末は週を通じて不完全燃焼な結果ではあった。 大いなるご期待をお寄せいただきたい。 本来、途中から動けるタイプで、ここはスローなら途中から動き出しそうな馬も多数出走してきた組み合わせ。

次の

サクラトゥジュール

サクラ トゥ ジュール

6 498 12 1. 開催最終日の大一番「日本ダービー」との兼ね合いから、例年、確たる傑出馬不在で力量拮抗となりがちな組み合わせだが、今年は2歳女王で「桜花賞」2着のレシステンシアが参戦。 8 -0. それでは本題へ。 7 492 -6 1:32. G1シリーズ真っただ中、完全無欠となったアスコットシステムズに大いなるご期待をお寄せいただきたい。 1 38. 昇級後、2、3、2、2着ともどかしいレースが続いているものの、勝ち馬はその後、重賞で好走している馬がズラリ。 8 0. 現時点では、前走東京芝1600mを1分31秒7というタイムで勝利したサクラトゥジュール、未勝利と1勝クラスを連勝中のパラスアテナ・グレイトオーサー・ルリアンなど、12頭が登録を予定している フルゲートは16頭。 0 1 1. 後方から追い込んで横並びの4着争いに加わったのはこの2頭だけ。

次の

サクラトゥジュールの次走情報・血統・レース映像

サクラ トゥ ジュール

それを踏まえるとラウダシオン、レシステンシア、ギルデッドミラー、タイセイビジョンの上位4頭の地力はこの世代のマイルでは最上位の証だろうが、それ以上に根の強さを感じたのが、ルフトシュトロームとウイングレイテスト。 1 S 35. 余裕残しの仕上げだった前走をひと叩きされてここが本番。 前週までの弊社は「的中は出していても今ひとつリズムに乗り切れない状態」だったが、そこから完全に脱却。 他の的中もお伝えしておこう。 0 12 6 7 1:32. この結果により、 「馬連3-6、 1,240円」の的中。

次の

サクラトゥジュール チアチアクラシカなどの予想

サクラ トゥ ジュール

肝心要の馬連的中こそ逃したものの、4番人気馬からの勝負である程度狙いに行った一戦だっただけにワイド的中とはいえ、一定の評価はいただけるものと自負している。 開幕週に引き続き、開催2週目も精度の高さを示した結果だったといえよう。 7 - 33. 0 1 1. 000 他 2 2 0 0 4. 3 4-2-2 この馬と近い血統の競走馬. 2 0. 1 1 1 10 中山 9 芝1600m 晴 良 55 3. デキは変わりなく高値で安定しており仕上がりに不安はなく、鞍上も2度目の今回はキッチリ勝ち切ってくれるだろう』という見立て。 000 JGIII 0 0 0 0 0. 昨年は断然人気に支持されたサートゥルナーリアに騎乗し、直線伸びを欠いてまさかの4着。 000 他 0 0 0 0 0. ここは前走この距離でブリンカーを着用して変わり身を見せたサミットプッシュを軸馬に抜擢。

次の

1番人気サクラトゥジュール好時計でV/東京6R|極ウマ・プレミアム

サクラ トゥ ジュール

2着には好位4番手で早めに軸馬を追いかけた3番チアチアクラシカが入線。 この結果により、 「馬連3-7、 570円」の的中。 0 1 1. ただし、この時期の3歳馬の着差ほどアテにならないものはない。 戦前、様々なジョッキーから「今の東京芝は中団より前目のポジションを取れないと勝負にならない」との声が聞こえていたし、実際、上位入線馬の位置取りを見る限り「前有利で差し・追い込み馬には不向き」な展開ではあった。 また、「皐月賞」で大敗を喫したラインベックだが元々がこの路線でデビューから2連勝してきた良血馬。 7 M 34. 000. 0 - 35. さらに「ニュージーランドT」勝ちのルフトシュトローム、「毎日杯」勝ちのサトノインプレッサの3戦無敗馬の2頭を筆頭に、シャインガーネット、サクセッション、ギルデットミラー、プリンスリターンなども全く見劣りせず、群雄割拠状態。 5-57. レースは抜群のスタートを決めた5番ラキャラントシスがハナを切るも、外から10番アルファウェーブが押して先手を主張。

次の