表現 の 不 自由 展 その後。 あいちトリエンナーレ

不自由展、作品に「不快」批判 天皇肖像燃やす表現 来場者「悪意に満ちていた」 愛知の芸術祭、企画展中止(1/3ページ)

表現 の 不 自由 展 その後

実行委員会が法的措置をとるとまで強い抗議をしたのは当然だと思う。 また、納屋橋会場は、納屋橋近くの元のビル(中区1丁目)を利用したもの。 そこに天皇の写真を燃やす映像も流れていたらしいという話が加わって騒動が大きくなったのだが、でも天皇の写真を燃やしたというのは誤解で、そういう事実はない。 12 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などが展示され、開幕3日で展示中止になった問題をめぐり、愛知県の大村秀章知事は9日、検証委員会を設置を発表した。 しかしなぜ物言わぬアートである少女の像が日本の心を傷つけるのだろうか? 慰安婦問題は曲がりなりにも日本政府がで謝罪している第二次世界大戦中に起きた深刻な女性に対する人権侵害である。 本来すべきではないことであってもあまりにもあからさまにやられると受け取る側の感覚が麻痺してつい受け入れてしまうということが起こるが、そうならないためにも、この点は最初にはっきりさせておく必要がある。 公権力が正当な理由なく表現に介入したり、暴力的な形での表現の圧殺に加担する側に回ることは決して許されないはずである。

次の

「表現の不自由展・その後」を理由とした大村知事へのリコール運動反対!6.13街頭宣伝in栄

表現 の 不 自由 展 その後

おそらく私自身が左派、リベラルなイデオロギーを持っているためでもあるのだろう。 。 2019年12月22日閲覧。 津田氏が「作家初のアクションなら可」と妥協すると、一部作家の作品の説明パネルに「SNS推奨」の表示が出されるなど、観客にとって分かりにくい状況になった。 この展示が引き起こす反応によって回収されることを意図していたのかもしれないが、それもまたイデオロギーによって引き起こされる感情によって、意に介さない表現に対する、あるいは容認しうる表現に対する場当たり的な反応が引き出されただけのようにも思える。 2019年12月27日閲覧。

次の

論争呼ぶあいちトリエンナーレ 焦点の「表現の不自由展・その後」には何が展示されているのか: J

表現 の 不 自由 展 その後

少なくとも、イデオロギーに起因するバイアスを解きほぐすための工夫は見られなかったように思う。 無条件の自由なんて求めてない。 2020年1月26日閲覧。 この発言はおかしいですよ。 検証委の最大の関心は、このような影響が広がるのを食い止めることにあるようだ。 本件が前例となり、政府見解に反するから、日本の心を傷つけるからと言う理由で、補助金を出さないことが公然と容認されることがあってはならない。 山田泰生 2019年3月27日. 2019年10月12日閲覧。

次の

「表現の不自由展・その後」中止事件で問われたことは何なのか(篠田博之)

表現 の 不 自由 展 その後

混乱は予測可能だったのでは、との指摘 会場にも展示されたミニチュアの少女像 また、少女像の展示や観客による写真撮影については、大村知事から津田芸術監督を通じて何度も意見が出されたが、「不自由展」実行委はそれを受け入れなかった。 あいちトリエンナーレ2010公式サイト• 職員に説明の暇を与えないほどしゃべり続ける女性、巻き舌で「日本国民をなめてる」「お前らバカじゃないか」とまくし立てる男性などの声が再生された。 15年の「表現の不自由展」の続編 物議を醸したのは、名古屋市内の愛知芸術文化センターで開かれている企画展の1つ「表現の不自由展・その後」だ。 その背景は。 あくまでも「表現の自由を考えさせる」という企画意図が達成されたのかという点に論を絞る。 今回の「表現の不自由展・その後」では、大浦さんの版画「遠近を抱えて」のうち何作品かを展示し、来年公開の映画の画像などを使った動画を会場で流していた。 これは重要な発言だが、同時にこれがあたかも大村知事個人のポリシーのように報じられているのはやや問題だ。

次の

「表現の不自由展・その後」中止事件で問われたことは何なのか(篠田博之)

表現 の 不 自由 展 その後

同年9月、秋に愛知県芸術文化センターを中心に開く骨格が発表され 、翌2月には芸術祭を3年ごとに行うとすることが決定した。 2019年12月2日• まず確認しておくべきことは、今回の事件における河村市長の介入や菅官房長官の発言が、国や地方自治体による「表現の自由」に対するきわめて露骨な侵害だったということだ。 テロ予告や脅迫によって表現が圧殺された、そして 「日本国民の心を踏みにじる行為」などとして現職市長が展示の中止を求めた、そうした圧力によって、論争的な表現が表現機会を奪われる事態に追い込まれたという事態は、極めて深刻である。 2019年4月18日閲覧。 展示は1日限りで450人が訪れた。 」と展示中止は名古屋市長の要望であるとしている。

次の

「表現の不自由展・その後」を見てきました

表現 の 不 自由 展 その後

で、そういう作品の一方で、を題材にした作品も展示されていて、それらは確かに、多くの人が漠然と抱いているへの敬意を挑発するという点はある。 『平和の少女像』(慰安婦像) [ ] 『平和の少女像』展示までの経緯 [ ] 『平和の少女像』については「」を参照 の政治団体「」が2011年12月14日に前での1000回を記念して設置した 『平和の少女像(日本での名称は「」 )』は、翌2012年にがで開催した「第18回JAALA国際交流展」にミニチュアが出展されたが、東京都美術館から「(政治的表現物であるため美術館の)運営要綱に抵触する」として撤去された。 2019年11月16日閲覧。 慰安婦は実在したが、日本軍による強制連行ではなく、貧困のため親に身売りされたか、悪徳女衒に騙されたかで、いずれにしても日本の責任ではない。 毎日新聞. 朝日新聞 2019年10月4日. また、を交付しなかった事例も展示されていますが、これは展示自体はできていますので、何が不自由なのかわかりません。 芸術祭実行委員会会長代理も務める名古屋市の河村たかし市長は、開催経費の市負担分について政府と共同歩調を取ることを表明し、支払わない場合がありうることを示唆した。

次の

不自由展、作品に「不快」批判 天皇肖像燃やす表現 来場者「悪意に満ちていた」 愛知の芸術祭、企画展中止(1/3ページ)

表現 の 不 自由 展 その後

2019年8月3日.。 そして、「表現の不自由展・その後」の展示作品を選定した人たちもまた「他者のための自由」に向き合うことはできなかったのではないか、とも感じた。 慰安婦は実在したが、日本軍による強制連行ではなく、貧困のため親に身売りされたか、悪徳女衒に騙されたかで、いずれにしても日本の責任ではない。 だが、展示内容について抗議や批判が殺到し、主催者側の1人である河村たかし・名古屋市長が少女像などの展示中止を求める抗議文を出すなどの騒ぎになっていた。 だが、その自由にとって最も重要なのは「他者による受け入れがたい表現を認める」ことにこそある。 しかし、話を総合すると、海外へ行って自分のアイデンティティを模索するなかで天皇に行き着いたということらしい。

次の

あいちトリエンナーレ

表現 の 不 自由 展 その後

元慰安婦を象徴する少女像などに加え、昭和天皇の肖像を燃やすような動画が展示されていたためだ。 今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。 ウィメンズアクションネットワーク. 2019年12月22日閲覧。 少年のフォロワーは3,800。 この問題について議論するために、私たちは8月22日、下記のようなシンポジウムを企画した。

次の