教え て もらっ た 敬語。 「教えてもらう」の敬語・使い方・例文|メール/目上の人への人

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教え て もらっ た 敬語

時間を割いて教えてもらったわけですから「~について教えていただき、大変ありがたく存じます」や「~についてご教示いただき、とても助かりました」などのお礼のメールを送る事も大切です。 <例文> 「未熟者ではありますが、ご教授の程よろしくお願い申し上げます」 「〇〇のナレッジについて、ご教授頂けないでしょうか」 入社時などの挨拶メールなど不特定多数に送る場合をのぞいて、自分が何について教えてほしいのか具体的にお伝えすることによって、相手もアドバイスがしやすくなります。 教えてほしい内容が特に専門的でなく、長期間つきっきりでノウハウを伝授されるようなものでなければ、「ご教示ください」が正しい使い方となります。 「教えてもらった」という言葉は、お客様からご連絡先を教えていただいた場合や、上司から仕事のやり方などを教わったときにお礼を伝えるときの言葉のひとつとして使うことも多いです。 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

次の

「教えてくださり」? 「教えていただき」?

教え て もらっ た 敬語

身内には「もらう」を使う 職場の上司や目上の人に「身内からもらったもの」について語る時、「母に花束をいただきました」というのは適切であるとは言えないでしょう。 聞きたい内容や相手によって上手に使い分けましょう。 特に目上の方でしたり、ビジネスの相手の場合は避けた方が良い表現です。 特に年配の方やお年寄りの方から恒例的な知恵をいただく時は、「教えていただく」などの言葉遣いをしっかりしておくだけでも、相手も自分も気持ち良いものです。 ビジネスシーンでは今回紹介したように、「ご指導」「ご教示、ご教授」を使うとより丁寧な表現になります。

次の

敬語で「いただき」と「くださり」の違い

教え て もらっ た 敬語

簡単なだけに敬意の度合いは低く、親しい仲か、緊急のときに使われます。 ・自分の考えも伝える 相談内容にもよりますが、一方的に相手の意見を求めるのは他力本願な印象を与えます。 ぜひ〇〇先生に、本件につきまして歴史的な観点からのご教授賜りたく存じます。 ニートの給料はどのくらい?就職と給与アップの方法とは• 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方 それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。 ・「ご教示ください」 「ご教示ください」は、「教えて下さい」のより丁寧でかしこまったものと考えて良いでしょう。 そのため「お電話させていただく」は謙譲語となります。 相手の都合を考えて「教えてもらえれたら嬉しいです」という姿勢で依頼するのが無難です。

次の

「教えてください」は失礼?ビジネスメールでの敬語や英語表現も解説

教え て もらっ た 敬語

こういった場合は「教えて差し上げる」ではなく、「必要であればご説明します」「良ければご案内します」と言い換えた方が適切になります。 教えていただくという言葉を、最初に使うのは、おそらく学校などの場だと考えられます。 忙しいビジネスシーンではさまざまな会話が飛び交うため、「もらう」の尊敬語が瞬時に頭に浮かばないこともあるでしょう。 例えば、「お電話ありがとうございます」といった場合は相手を高める尊敬語になります。 「お電話させていただく」場合は相手や第三者からの許可を受けて行う 「させていただく」は、 使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。

次の

「教えていただく」という敬語の状況に応じた使用例

教え て もらっ た 敬語

また、「教示」と同じように「教授」も書き言葉です。 しかし、間違ったまま使用している人は意外に多いもの。 これも時間を割いて教えてもらう事になるので、「お忙しいところ恐縮ですが」や「お手数をおかけいたしますが」など時間を割いてもらう事に対しての配慮の言葉を加える事も大切です。 使い方としては「お教えいただけますか」「お教えいただけると幸いです」などになります。 しかし、目上の方や直近ではない方などに使ってしまうと 失礼に値してしまう場合もありますので 見極めが肝心ですね。 専門的ではない分野で教えてほしい場合に使用する「ご教示」に対し、「ご教授」は専門的な分野を教えてほしい場合に使う言葉です。

次の

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教え て もらっ た 敬語

ふぅ、今回はややこしかったですね。 電話番号を聞くときは「お伺いしてもよろしいでしょうか」「お名前をお教えいただけますでしょうか」などを使います。 お教えください。 上司の上司や普段接していない目上に対しては「ご指導いただけませんか?」ですとさらに丁寧でいいですが、あえて使わなくても問題ないです。 また、ここに丁寧語の「です」を加えて「お教えくださいませんでしょうか」ということもありますが、これは二重敬語になっているので誤りです。 社会人として大切な「コスト意識」があれば、時間や労力の貴重さが実感でき、物を教わることの重さが理解できるでしょう。

次の