バンド ワゴン と は。 バンド・ワゴン(1953) : 作品情報

バンド・ワゴン(1953)

バンド ワゴン と は

ALL RIGHTS RESERVED. するとその横で新聞を広げていた男が「そのとおりだ。 様々なトラブルの末、3枚目のアルバム『ライディング・ストーム』リリース、全米第171位。 全編でミュージカル愛に溢れた完璧な作品…と言わせて貰いたい。 見事な復活を見せます。 5ドルから開始して2ドル、50セントと値を下げても手が挙がりません。 5枚目のアルバム『ジス・タイム・ウィ・ミーン・イット』リリース、全米第74位。 古い映画だと思われがちだが、今見なおしてみて、なんて新しい演出なんだろうと思った。

次の

「バンド・ワゴン」Series2/青の50本 作品詳細

バンド ワゴン と は

ファースト・アルバム『REOスピードワゴン』でデビュー。 このリリース直後、ドラムのアランが脱退。 2012• そんな中、テリーが抜けて困っていたゲイリーが「新しいヴォーカルを探してくれ。 All Rights Reserved. ブロードウェイの披露公演は大成功だった。 抱き合ってキスをする二人に、コルドバとマートン夫妻が「ほんとうのショーは人をうっとりさせる、そして帰り道で気づくんだ、あれこそがエンターテイメントだって」と歌いかけ、最後は五人そろっての「 ザッツ・エンターテインメント」の合唱によって映画は幕を閉じる(以上太字はすべてミュージカル・ナンバー)。 コルドバ演出、主演の『オイディプス王』の舞台裏にやってきたトニーたち。 そんな周囲の心配をよそに舞台の舵取りを始めるコルドバ。

次の

バンド・ワゴン(1953)

バンド ワゴン と は

しかし、ギャビイも心秘かにトニイを愛していたのだ。 この映画に関わっていた人々は「時よ、止まれ」と思っていただろう。 All Rights Reserved. 馬車に乗る2人。 「ザッツ・エンタテインメント」がこの映画のために作曲されたことで、これが契機でMGMのアンソロジー映画が作られた。 ボブ・クラウンオーヴァー Bob Crownover — ギター 1968—1969• しかし、その直後、ヴォーカルのテリー・ルトゥレルを強制解雇。 もとのミュージカル・コメディ版の脚本に立ち返って、新曲を増やし、地方公演を行いつつ内容を固めればかならずヒットをねらえる、資金は自分の持っているの絵画を売ればいい、と主張するトニーに、コルドバもまた賛成し、「舞台にボスは一人でいい、ボスは君(トニー)だ。 うんざりしないかい?」と尋ねるが、ギャビーは答えない。

次の

バンド・ワゴン

バンド ワゴン と は

だが…。 しかし舞台の上にはキャストとスタッフが勢ぞろいしてトニーを驚かせ、ギャビーは「あなたといっしょにずっとずっとロングランをつづけてゆくわ」と愛を訴えるのであった。 それもこれも良いものを作ろうとするエンターティナーのせめぎ合いなのです。 ビル・の台詞のリズムも、ののリズムも、同じように人を楽しませる」と説き、「それがエンターテイメントだ」(「 」)と四人で歌い、踊って、ついにトニーを納得させた。 恐らく相手はギャビィでしょう。

次の

バンド・ワゴン

バンド ワゴン と は

グラハムとマイルスが脱退。 そして、最後はミッキー・スピレィンばりのハードボイルドの世界。 1を獲得し、売り上げも最終的には1000万枚を突破した。 とソングライターを兼ねる二人は、できあがったばかりの脚本をトニー主演で舞台化すべく早速駆けつけたのであった。 同年に行なわれた(・)に出演。

次の

《バンド・ワゴン》(ばんどわごん)とは

バンド ワゴン と は

しかしそれがかえって二人の間をうちとけさせ、トニーは率直に語りはじめた。 他の演者間、スタッフ間のトラブルもあったようです。 ザッツ・エンターティンメント いよいよ公演初日! 雨降りの中、楽屋に入るギャビィのもとにトニーが駆け寄ります。 に活動休止したが後半から再開し、現在も活動を続けている。 意外な黒幕も判明します。

次の