徳 勝龍 優勝 インタビュー。 【大相撲初場所】徳勝龍Vインタビューで国技館爆笑「優勝していいんでしょうか」

徳勝龍インタビューのNHK小林アナへ、ゴゴスマ石井アナ「MVP」と絶賛/スポーツ/デイリースポーツ online

徳 勝龍 優勝 インタビュー

整髪料で髪形もツンツンにきめる。 ゆっくりしたいです。 その影響で徳勝龍も3歳から中3まで続けた。 目頭をおさえながら、「監督が、見てくれてたんじゃなくて、一緒に土俵にいて戦っていてくれたような、そんな気がします」と振り絞った。 それだけです。 「監督が近大へ誘ってくれなかったら今の自分はありません」と徳勝龍。

次の

【フル動画】徳勝龍(力士)の優勝インタビューに涙【恩師との話も】

徳 勝龍 優勝 インタビュー

4場所ぶりに幕内へ復帰した西前頭17枚目の徳勝龍(33)=木瀬=が初優勝を飾った。 そのかわり、前に出て圧力かけてからと。 俺らは土俵があって寝る所があれば相撲は取れるから」 その間に新十両昇進を果たし、処分が解けて木瀬部屋に戻った後、幕内昇進も果たした。 戦い方が似ていれば、番狂わせが起きにくいのはスポーツの道理。 千恵さんは普段、法律事務所で 弁護士の秘書として働いているという。 ボクシング [6月23日 19:35]• 宇良・・・・ — はな han01997 可愛い。 恐れず先に相手に圧力をかけていたからこその逆転劇だった。

次の

【一問一答】徳勝龍「大変なことをやってしまった」泣き笑いのVインタビュー (1/3ページ)

徳 勝龍 優勝 インタビュー

そんな重圧のかかる一番で、貴景勝を撃破し、幕尻力士では20年ぶり、奈良県出身力士では98年ぶり、木瀬部屋の力士では初の優勝となった。 木瀬部屋は幕下が強いんで。 プロレス [6月22日 17:11]• その後に展開される、攻防の少ない取組による星のつぶし合い。 徳勝龍は千秋楽の結びの一番となる貴景勝戦で勝てば優勝、負ければ正代との決定戦。 -涙は 徳 張り詰めていたものが一気に出ましたね。 他にも優勝を意識してないと語った徳勝龍へ「昨日の正代関を破って単独先頭になっても意識してないと仰ってましたが、あれはウソだったんですか」と声をかけると再び館内は爆笑。 前日、正代に勝った後は口をぐっと結び、奈良・東大寺の金剛力士像のような顔をしてみせた徳勝龍。

次の

徳勝龍、「勝」の字もらった亡き師に感謝…「一緒に土俵で戦ってくれた」 : 大相撲 : スポーツ : ニュース : 読売新聞オンライン

徳 勝龍 優勝 インタビュー

稽古でも満足せずにもっと、もっと。 プロレス [6月23日 0:00]• -来場所の目標 徳 とりあえず今はもう、ゆっくり休みたい。 それだけで頑張りました。 「監督が大学に誘ってくれなかったら今の自分はいない。 相撲・格闘技 比嘉大吾が井岡一翔ら所属のマネジメント会社と契約 []• -実感は 徳 全然ないです。 楽しい家族です。

次の

2020大相撲初場所 15日目 宇良、序二段優勝 復活宇良のインタビュー さぁ来場所は三段目、7月場所で幕下、怪我だけは気をつけて!同部屋徳勝龍、幕尻で幕内最高優勝、木瀬部屋の時代来る(*^^)v

徳 勝龍 優勝 インタビュー

正代関に申し訳ないなと。 千秋楽でもあったし、三役そろい踏み。 大相撲 [6月27日 7:40]• 到底考えられない。 父が警察官で、母から「父さんに迷惑をかけることは絶対にするな」と教えられた。 ファンには 「関取があんまり下の名前で呼ばれるのはない」 と 「まこちゃん」 と呼んでくれるよう、希望した。 重い腰を持ちながら引き技や変化が多く、左四つも型といえるほどではない。 プロレス [6月28日 0:34]• 自分は全然弱いんで、一生懸命ですかね。

次の

大相撲、平幕の徳勝龍が初優勝

徳 勝龍 優勝 インタビュー

変化なんかするわけがない! おめでとう、 徳勝龍!!. 一番大変なのは(木瀬)親方や。 -結びの一番で貴景勝との取組が決まった時はどう思ったか 徳勝龍 ずっと思い切りいけばいい。 出身は奈良県奈良市です。 -しこ名に入れるほど 徳 東京にいて相撲見てくれたと聞いて、本当に今でも信じられない。 今回も例に漏れないが、大関を堂々寄り切り、自力で決めた1勝が救いだった。

次の

大相撲初場所の徳勝・千秋楽・優勝インタビューが話題

徳 勝龍 優勝 インタビュー

以下は場内インタビュー -1番下の番付で優勝 徳勝龍 自分が1番下なので怖いものはないなって。 いい成績残さないと笑われてしまいますんで、ここからが大事。 部屋に若い子多いんで、話が合ったり、精神年齢が幼いのか。 同級生だけど兄弟子なんでうれしいです。 満足した部分あって4勝11敗で大負けした。 逆に相手の方が番付下に負けたくないと思っていたはず。

次の