Nst 新潟 総合 テレビ。 NST新潟総合テレビ番組一覧

ご意見・お問い合わせ|NST Niigata Smile Tv

nst 新潟 総合 テレビ

地上デジタル放送での表示が開始される。 (2013年 - 2020年3月)• 15年前・・・? そう。 同敷地内には、「」があり、別棟のビルに長岡支社が入居している。 )は、をとした事業を行うである。 退社後、古巣のに所属しフリーに転身。 但しこの時点では、ハイビジョンの無線中継設備 FPU は未導入。 (よみうりテレビ制作、第1シリーズは30分先行ネット、『』第24話まで放送)• (2019年3月27日に打ち切り• 新潟民放で系列局以外のハイビジョン・デジタル・ネット回線の受け入れ態勢を整えたのは、NSTが初である。

次の

見る人も、作る人も楽しめる。そんな番組を20年続けたい~『八千代コースター』の姉妹番組として始まった『八千代ライブ』にかける思いとは~ 新潟総合テレビ(NST) 制作部副部長 北村芳貴さん

nst 新潟 総合 テレビ

天使の子供達が唇のようなソファに座る。 各局とも同じだと思うのですが、夕方のニュースの数字が上がると、その後のゴールデンタイムも強くなります。 黒川 58ch• その後、の開局時からのキャストとなる)• 10月頃 NST 長岡放送センター完成。 4月 に、ゆきぐに魚沼支社を開設する。 (関西テレビ制作、2015年3月に打ち切り)• 小出 43ch• ナレーション:「あなたが、聴きたいこと、それは私たちが見せたいこと。 開局記念として、での『プロレスリング中継』が日本テレビの制作で全国で放送される。 製作の番組をネットするようになる(1983年9月30日まで続く)。

次の

NST新潟総合テレビとは (エヌエスティーニイガタソウゴウテレビとは) [単語記事]

nst 新潟 総合 テレビ

ナレーション:「あなたが、見たいこと、それは私たちが見せたいこと。 (2006年 - 2015年、以前はに所属。 新井 57ch• 3月22日 同年にが発生し、これによりにあるから放射能が出た影響で福島県民が新潟県に避難。 (水曜 25:25 - 26:10)• (再放送はTeNYで放送)• 頃 アンペックス社製導入、運用開始。 10月1日 社名を「 株式会社NST新潟総合テレビ」に社名変更。 さらにフジサンケイグループのネット局として設立され、また当時から現在に続くフジテレビのネット局である。

次の

見る人も、作る人も楽しめる。そんな番組を20年続けたい~『八千代コースター』の姉妹番組として始まった『八千代ライブ』にかける思いとは~ 新潟総合テレビ(NST) 制作部副部長 北村芳貴さん

nst 新潟 総合 テレビ

。 社員の65歳定年制を、日本の民放史上、初めて導入する。 柿崎 30ch• 午前4時40分、地上デジタル本放送開始(UHF19、出力3kw、、 8)。 これを機に、同局とは毎年11月に同番組の共同制作を行うようになる。 2002年から2008年までアナウンサー。 資本構成 [ ] 企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。 (現FM新潟パーソナリティ)• 本免許取得。

次の

ご意見・お問い合わせ|NST Niigata Smile Tv

nst 新潟 総合 テレビ

(不定期放送) 内のの中では、開局以来、番組数・総放送時間数ともに一番多くの番組を放映している。 1980年春には上場廃止となり、これを引責する形で駒形一族は大光を追われたが、十吉のNST社長職については個人大株主であったこともありそのまま留任、1999年の死去直前まで実権を掌握し続けた。 新潟県出身で高校は? 彼女は地元新潟県の出身だけど高校はどこに行っていたのかな? 調べてみたところ、 FACEBOOKに彼女と思われる登録があってそこには長岡高校を卒業したとあるから多分間違いないんじゃないかな。 松尾和泉アナウンサーのプロフィール! 名前:松尾和泉(まつおいずみ) 生年月日:1991年10月23日 出身地:新潟県柏崎市出身 血液型:O型 身長:??センチ 出身大学:東京家政大学人文学部教育福祉学科 入社年:2016年(新潟総合テレビ)2014年(NHK岡山) 彼女は新潟総合テレビに入社したのが2016年ということだけどアナウンサーのキャリアとしては結構あるんだよね。 」をキャッチフレーズに、地上波デジタル放送のPRを展開していた。

次の

NST新潟総合テレビとは (エヌエスティーニイガタソウゴウテレビとは) [単語記事]

nst 新潟 総合 テレビ

以下は開局までの項目。 出演者のひとりであるNegiccoさんのファンで、『八千代ライブ』を観るためにわざわざ他県から車で来てくださって、車の中で観たという方もいらっしゃいました。 「耳編」(森の上空から耳が現れる。 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、286頁。 実際には、ローカル局ではなかなかバラエティ番組を作ることはできないのですが、情報番組の中にも自分なりにバラエティ要素を足していきたいと、入社当時から思っていましたね。

次の