メジャー 2 吾郎 死亡。 茂野吾郎

【MAJOR】悲運の大エース茂野吾郎の魅力を徹底解剖!【メジャー】【MAJOR(メジャー)】

メジャー 2 吾郎 死亡

菊地(きくち) 投手。 吾郎の実父。 リトル(外伝・劇場版では博多南リトル、アニメ版では福岡リトル)での試合中のアクシデントで(劇場版では、九州大会優勝に貢献するため決勝で完投し優勝した直後に)肩を壊してしまう。 口は悪いが既存メンバーの中では真面目な性格。 左投左打。 気になるプロポーズの言葉は 「生涯、茂野吾郎とバッテリーを組んでくれ」 でした!なんともはや野球バカで直球勝負の吾郎らしいプロポーズですね。

次の

MAJORの登場人物

メジャー 2 吾郎 死亡

実際はチーフマネージャー・江頭が総監督の許可を得て、総監督の名前で出した指令• アニメではリトルリーグの理念に自らの行いが正しいと思うか聞かれ沈黙。 吾郎は帰宅すると泉とキャッチボールをし、親子のコミュニケーションを楽しみます。 まだまだ終わらない悲劇 出典: 高校では名門海堂学園に入学しますが、人を人とも思わない狂気じみた練習方法、采配に納得がいかず自主退学。 原作ではどこを守っているのかははっきりとしていないが(ただし、「完投して疲れてる」など、投手を思わせるセリフもある)、アニメ版では風林中のエースとして活躍している。 MAJOR2ndが週刊少年サンデーにて絶賛連載中ですが、茂野吾郎は今のところ物語には直接登場していないようです。

次の

茂野吾郎

メジャー 2 吾郎 死亡

活躍する描写はない。 大会前に吾郎の代わりに投手を務めると自分から言い出し、練習していくうちに1ヶ月でカーブも投げられるようになった。 渡米1年目、チャンピオンシップ制覇• その後、のクラブチームとグラウンドの使用権を賭けて草野球チームと戦うが敗北。 宝仙中学戦では吾郎が遅刻をしたため、投手として先発した。 創部時の1年生が3年次、第4シリーズ16話半ばで、「2年から始めた野球だけど」とコメントしているが実際は1年の秋である)。

次の

【メジャー2】第88話:前作主人公の吾郎登場!【ネタバレ感想】

メジャー 2 吾郎 死亡

小森から見ても「絶好球」しか投げられないが、それゆえの体重移動の難しさから柵越えのホームランを打ちにくく、打球のほとんどを岡村三兄弟に捕られる(データによると、73個のアウトのうちの65個)。 実力と精神の強さを認められ特例でメジャーキャンプに合流するが、チームのエース・サンチェスとのコントロール勝負に敗北し、(オープン戦)で打ち込まれ 、3Aクーガーズに降格。 しかし、父母とも吾郎が幼い頃に他界しており、吾郎は通っていた幼稚園の先生(アニメ版では保育園の保育士)であり、茂治の婚約者であった 星野桃子に引き取られ、育てられた。 背番号 10。 そのため他の選手とは違い、かなり変わったプロフィールの持ち主です(笑。 他の打撃投手よりよっぽど実戦向きの球を投げます」と志願するも専属の打撃投手がいることで断られた。 そして小学校5年生の時、星野桃子が父の友人でもありプロ野球選手の茂野英毅と結婚、 茂野英毅のチーム移籍に伴い横浜から福岡に引っ越すことになります。

次の

茂野いずみについて【茂野大吾の姉】大量の写真付き!

メジャー 2 吾郎 死亡

作中ではたびたび盗塁を許すなど、器用さに欠けた面が描かれている。 その間に私立江田原高校の野球部の練習を見学した際、守備が不安定であることを知ったが同校への入学を考える。 『2nd』でも登場し、父の店を引き継いでいる。 右投左打。 吾郎が聖秀に野球部を作ったことを姉に知らされ、名門の誘いを蹴って入学。

次の

MAJORの登場人物

メジャー 2 吾郎 死亡

倉本(くらもと) 声 - 三塁手・捕手(友ノ浦中時、三船東戦最終回のみ)。 その後は練習に励み、5番打者として大会に出場。 海堂付属中学出身。 アニメでは最初から夫とともに暖かく吾郎を迎えている。 その際、父・茂治が死球を受けて死亡するトラウマが想起し、「打者のインコースに投げられない」という事態に陥った。 背番号 8。

次の

【メジャー2】第88話:前作主人公の吾郎登場!【ネタバレ感想】

メジャー 2 吾郎 死亡

アニメ版では、英毅と桃子の結婚式にも出席していた。 大河曰く「リトル・シニアでは非常に有名な兄弟」とのこと。 三船東中学校編 中学3年のときに英毅が横浜に移籍したことに伴い、4年ぶりに横浜へ帰る。 渡嘉敷曰く、顔に似合わずリードは慎重。 薫、小森と同様に、吾郎の改姓後も、彼を「本田」と呼んでいる。 夢島組との歓迎試合に7番センターとして出場。

次の